さっぽろホワイトイルミネーションの口コミ。見ながらディナーするならここ!

b01848c5bdcad0dadbacaa119ddbf2cc_s

札幌の冬の風物詩となっている「ホワイトイルミネーション」

雪まつりとはひと味違った、落ち着いた雰囲気を楽しめるイベントです。

ホワイトイルミネーションの口コミと、見ながらディナーするには

どこがおすすめなのかを紹介していきますね。

スポンサードリンク

 

さっぽろホワイトイルミネーションの口コミ

さっぽろホワイトイルミネーションは3箇所で開催されています。

「大通り」「駅前通」「南1条通」です。

会場がバラバラに見えるかもしれませんが、

この3箇所は隣り合っていて、実際にはつながっています。

なので、一度に全箇所を見て回ることが可能です

 

ただ、開催期間が異なるので注意しましょう。

  • 大通り 11月20日~12月25日
  • 駅前通 11月20日~2月11日
  • 南1条通 11月20日~3月14日

大通り会場は年が明けると雪まつりの準備がはじまるため、

年内のクリスマスが最終日となっています。

 

見方としては、まずは札幌駅からスタートしましょう。

札幌駅から大通りまでが「駅前通」になります。

徒歩で10分程度ですね。

 

ここは地下歩行空間の真上を歩いている状態なので、

寒くなったらすぐに地下に入ることが出来ます。

地下には休憩スペースや、軽食できるお店があります。

 

そして大通りに到着です。

様々なモチーフのホワイトイルミネーションがありますのでお楽しみください。

雪まつりに比べると、人出が少ないのでのんびりと見ることが出来ますよ。

 

ただ、さっぽろホワイトイルミネーションだけの期間は、

出店が少ないため、かなり寂しいものがあります。

 

ですので、できれば「ミュンヘン・クリスマス市」

開催されている期間にいきましょう。

 

2015年度のミュンヘン・クリスマス市は

11月27日~12月24日となっています。

スポンサードリンク

 

ミュンヘン・クリスマス市は札幌市の姉妹都市であるドイツのミュンヘン市

のお祭りを真似したもので、本場のおいしいソーセージビール

ホットワインなどを楽しむことが出来ます。

食べ物以外にもクリスマスの飾り付けを売っている

露店も出ていますので、ぜひどうぞ。

 

ミュンヘン・クリスマス市はホワイトイルミネーションと併催される

形になっていますので、期間中に行けばどちらも楽しむことが出来ます。

 

それと、この時期はとても足場が不安定です。

道はアイスバーン状態になっていることがあり、夏靴だと非常に危険です。

靴の裏がガリガリしている冬靴を購入したり、滑らないように

防止シールを貼ることをおすすめします。

転ばない歩き方は、歩幅を小さくし、できるだけ真上から体重を乗せることです。

 

さっぽろホワイトイルミネーションで見ながらディナーするなら?

一通り歩いて見終わった後は、ディナーを食べながら

ホワイトイルミネーションを見てみましょう。

「あ、あそこさっき歩いたね~」なんていいながら美味しい料理に舌鼓です。

 

おすすめなのは大通りビッセの3階にある「43° STEAK HOUSE」です。

ここは大通りに面して建っているので、窓際の席を取ることができれば、

イルミネーションを見ながら食事を楽しむことが出来ます。

 

ここのお店のおすすめはなんといってもステーキ

エイジドビーフという熟成された方法で調理されたお肉は、超美味しい!

ホワイトイルミネーションの時期じゃなくてもおすすめのレストランです。

 

また、札幌ステラプレイス9階の「フレンチレストラン ミクニ」です。

こちらは駅前通の真正面に立っているので、駅前通から大通り、

天気が良ければすすきの方面までのイルミネーション&夜景を

楽しむことが出来ます。

おいしいフレンチレストランで高級ディナーをお楽しみください。

 

まとめ

さっぽろホワイトイルミネーションはロマンティック幻想的で素敵です。

大人のイベントといった感じですね。ですので、あまり過剰に期待し過ぎると、

「あれ、思ったほどたいしたことないじゃん」ということになりかねません。

ですので、ディナーどのイベントと一緒に計画したほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ