アメリカ大統領選挙の投票の仕組みを解説。選挙人が選ぶ2016予想は?

usa-806576_640

2016年度はアメリカ大統領選挙の年です。

日本とは様々な面で選挙の仕組みが異なります。

投票の仕組み選挙人について、今年の予想はどうなっているのか?

についてわかりやすく解説していきます。

スポンサードリンク

アメリカ大統領選挙の投票の仕組みは?

アメリカ大統領は4年に1回選ばれます。

オリンピックと同じで、しかも同じ年に行われるんですね。

大統領選挙は一年近く続き様々なドラマがあるため、アメリカでは

多くの国民が興味を持つ一大エンターテイメントになっています。

 

アメリカには2大政党の「民主党」「共和党」があります。

他にも政党はあるのですが、小さすぎて大統領選挙には絡んできません。

そして各政党から選ばれた代表が対決して、

勝った方が大統領に選ばれる仕組みになっています。

 

2016年度の大統領選挙での立候補者の人数はこうなっています。

  • 民主党・・・6名
  • 共和党・・・17名

 

選挙は、各政党の中で大統領候補者を一人に絞るところから始まります。

これは「予備選挙」と言われていて、アメリカの各州で行われます。

予備選挙は州ごとに開催する日が異なり、2月から6月頃まで続きます。

 

その中でも、多くの州が予備選挙を行って重なる火曜日を

「スーパーチューズデー」と呼んでいます。

ニュースでもたまに聞きますよね?

 

この予備選挙を勝ち抜いた候補が、9月頃に行われる

「全国党大会」によってその党の大統領候補に選ばれるのです。

 

実際には「民主党」の代表と「共和党」の代表の一騎打ちになることが

ほとんどですが、一応、他の党からも立候補はできます(まず勝てませんが)

 

さぁ、ここからの対戦がすごい。

アメリカ大統領選挙ではテレビCMに巨額の費用をかけます。

その金額は400億円~500億円と言われています。

 

CMの内容は主に「ネガティブキャンペーン」で、

対立候補をけなしまくるのです。

「あいつはこういう悪いことをやってきたぞ!」とか、

「お前のせいで職を失った人がこんなにいるんだぞ!」とかです。

 

お互いに相手のミスを見つけては、悪口を言い合う。

日本では考えられませんが、アメリカでは堂々と対立候補の

足を引っ張ることが可能なのです。

これは表現の自由が認められているためなんですね。

 

そしていよいよ大統領選挙当日。

2016年度の投票日はいつか?というと、11月8日です。

 

ここで国民が投票するのですが、実は大統領候補者を

直接選べるわけではありません。

選挙人を選ぶのです。では選挙人とは誰でしょうか?

関連記事国会議員の特権はなぜあるの?新幹線乗り放題だし逮捕もされない?

 

スポンサードリンク

アメリカ大統領選挙で選挙人とは?

アメリカ大統領選挙は「間接選挙」です。

間接選挙とは選ばれた選挙人が大統領選挙を行う制度です。

間接選挙
投票者が直接候補者を選ぶのではなく、候補者を選ぶことになる「選挙人を」選ぶという間接的な手段を通して行う選挙制度のことである。 直接選挙に対比される。

 

つまり、大統領候補のA氏に投票したい!と思った場合、

「私はA氏に投票しますよ~」と言っている

選挙人のB氏に投票することになります。

 

そうするとB氏はあなたに代わって、A氏に投票してくれる

というのが間接選挙です。

 

選挙人であるB氏はあらかじめ、どの大統領候補者に

投票するのかを公言していますので、あなたの選挙人への投票は

そのまま大統領選挙に反映されるわけです。

 

なので、間接選挙と言われていますが、

実質的には直接選挙と言ってもいいでしょう。

 

選挙人は全員で538名います。

そして、選挙人の過半数である270名以上の投票を得た

候補が大統領に当選する仕組みになっています。

 

アメリカ大統領選挙の2016年度の予想は誰?

候補者の中でも有力と予想されているのが以下の4名です。

民主党・・・ヒラリー・クリントン、バーニー・サンダース

共和党・・・ドナルド・トランプ、ジェブ・ブッシュ(辞退)

 

この中でも一番人気が高く、有力だと言われているのが

民主党のヒラリー・クリントンです。

 

夫のビル・クリントンは元大統領ということもあり、知名度は抜群です。

現状では民主党内にヒラリー・クリントンに勝てる候補者はいないと

見られていて、党代表になる確率は高いと言えるでしょう。

 

対して、共和党候補で注目されていうのは

大富豪のドナルド・トランプ氏。資産が1兆円あるともいわれ、

選挙資金も潤沢です。

過激な発言でも知られるトランプ氏ですが、いまいち

具体的な政策が無いのが残念なところ。

 

また、実力があると言われているのが共和党のジェブ・ブッシュ氏

兄はあの有名なブッシュ大統領です。

巷では兄よりも政治的な手腕は上と言われており、

実力のある候補者です。

ですが、人気を集めることができず辞退(2月21日)

 

まとめ

アメリカ大統領選挙は一年近くかける一大イベントです。

日本とはかなり仕組みが異なり、対立候補同士の対決が見所です。

誰が大統領になるのか?今からチェックしてみると、面白いですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ