お中元に商品券は失礼にあたる?上司へ送っても大丈夫?

302603

お中元にはさまざまな商品をいいただくし、送ります。

品物だけではなく、商品券をいただくことも結構あります。

でも、これってちょっと気になるところですよね。

お中元に商品券を贈ることは失礼にあたるのか?

上司に商品を送っても大丈夫なのか?

ということについて説明していきます。

スポンサードリンク

お中元に商品券は失礼にあたる?

まず、もらう側の気持ちから言いますと、お中元に

商品券をもらうのは正直嬉しいです。

一般的なハムやビール、ジュースなどが自分の好みであれば

嬉しいのですが、好みじゃないものや食べられないものもあります。

また、人気の商品は同じものがかぶってしまうこともあります。

それよりは商品券の方が好きなものを買うことができるし、

現金化することもできるので数倍便利だと思います。

 

実際にどれくらいの人が商品券を送ってくるのかというと、

10人からお中元をもらうとした場合、1人程度。

少数派であると言えますね。

 

少数派ではありますが、もらう側からすれば「無礼な!」なんて

思うことは全然ありません。

素直に「ありがとうございます」と受け取りますよ。

 

それでも、お中元に商品券を贈ることが失礼に感じるのであれば、

一筆添えて書くというのもいいでしょう。

例えば、

「いつもお世話になっており、心から御礼申し上げます。ささやかな品でございますが、どうぞお納めください」

「日頃からいろいろとありがとうございます。お中元を送らせていただきます。これからもよろしくお願いします」

という文章を書いて送れば、大丈夫でしょう。

関連記事お中元にもらったハムのおいしい食べ方40選!加熱せずに食べる方法も紹介

関連記事お中元の本来の意味は何?誰に贈る物?義理の両親や兄弟にも必要?

スポンサードリンク

お中元に商品券を上司へ送ってもいい?

上司に商品券を送ってもいいんでしょうか?

自分の立場から説明させていただきます。

 

部下から商品券をもらった場合。

正直、ちょっと嫌な気分になります。

なんというか、小ばかにされたような感覚になります。

本人にそんな悪気はないことは十分にわかっているんですが、

部下から商品券(お金と同じですね)をもらうというのは抵抗があります。

 

ですので、私は目上の人へのお中元は必ず「物」にしています。

相手の方がお酒が飲めず、甘いものが好きならばお菓子や果物、

おいしいものが好きなグルメな方なら、有名な特産品、

お酒が好きな方なら、ちょっと高級なワインや日本酒などです。

 

もし、どうしても「商品券にしたい」「何が好きなのかわからない」

「選ぶのがめんどくさい」という場合には、

カタログギフトがおすすめです。

 

私も何度かいただいたことがあり、とてもうれしかったのを覚えています。

カタログですと、自分の好みの物(食べ物、家電、雑貨)をチョイス

することができ、しかも商品券じゃないので、部下からもらっても

嫌な気持ちになることはありません。

 

まとめ

お中元に商品券を贈るのは構いませんが、それは自分と対等の関係か

自分より目下の相手に対してです。

上司に贈るときは失礼に思われる人もいるので、商品券は避けましょう。

カタログギフトが無難です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ