七夕の飾りの作り方を簡単に紹介!子供と手作りで作っちゃおう!

七夕には可愛らしい飾りがつきものです。

今年はお子さんと一緒に作ってみませんか?

折り紙で簡単に作れる七夕飾りを動画付きで紹介していきますね。

スポンサードリンク

七夕の飾りの作り方を簡単に紹介!子供と手作りで作っちゃおう

七夕飾りの種類は大きく分けて7つあります。

  • 紙衣(かみごろも)・・・神様にささげたと言われている衣
  • 巾着(きんちゃく)・・・節約・貯蓄の象徴
  • 投網(とあみ)・・・豊漁を祈願した物
  • 吹き流し(ふきながし)・・・織姫の織り糸のこと
  • 千羽鶴(せんばづる)・・・延命長寿を願って
  • 短冊(たんざく)・・・学問や書の上達を祈願
  • 屑籠(くずかご)・・・飾り物を作った残りの屑を役立てるため

さらに、他にも飾りはあり、

  • 提灯(ちょうちん)
  • 笹の葉(ささのは)
  • 織姫と彦星(おりひめとひこぼし)
  • 菱飾り(ひしかざり)
  • 星飾り(ほしかざり)

などがあります。

それぞれの作り方をすべて動画付きで解説します。

もしわからないところがあれば何度も巻き戻して確認しながら

作業を進めていってくださいね。

紙衣の作り方

紙衣は七夕竹の一番上に飾ると言われています。

意味としては「裁縫の腕が上がりますように」と願いをかけると言われていますね。

 

基本的には折り紙で作ります。

凝ったものを作ろうと思えば、難易度の高い紙衣もあるのですが、

ここでは簡単に、そして良く見える作り方を紹介します。

この動画です。

巾着の作り方

巾着も折り紙5枚で作ることができます。

できれば、和風な柄の折り紙を使った方が、雰囲気が出ていいと思いますよ。

手順は多くなりますが、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

投網の作り方

投網は、あの網目模様でびよ~んとのびるやつです。

はさみの切り方のみでできますので、簡単ですよ。

吹き流しの作り方

吹き流しは織姫の織り糸を象徴していて、織物や技芸の上達を

祈願したものです。上部にはくす玉がつけられることが多く、

飾りつけの主役ともいえるものです。

千羽鶴の作り方

「鶴は千年」と言われているように、鶴は長生きの象徴です。

無病息災で健康でいられるようにと願いを込めています。

一羽よりもたくさんいる方がお願いが叶うかも!?

スポンサードリンク

短冊の作り方

願い事を書くのが短冊です。もともとは墨汁でかいたんですよ。

「おいしいものが食べられますように」

「元気でいられますように」

「お金持ちになれますように」

様々なお願い事を書いて吊るしましょう。

屑籠の作り方

物を粗末にしないで、倹約する心を育てるために作った屑籠。

まだ使えるものは捨てずに、再利用しましょう、ということですね。

こちらも作り方は非常に簡単です。折り紙とはさみのみで出来ちゃいます。

提灯の作り方

織姫と彦星たちが出合いやすいように道を明るく照らしている、

と言われている提灯。明るいというのはいいことです。

心も明るくなりますように♪

笹の葉の作り方

笹は昔から邪気を払う効果があると言われてきました。

また、大きく広がる笹の葉は天に願い事を届けてくれそうな気も

しますし、笹の葉は船の形にも似ていることから、願い事を乗せて

天まで届けてくれそうな気がしますね。

織姫と彦星

七夕の主役と言えばこの二人「織姫」と「彦星」

二人を折り紙で作っちゃいましょう!

菱飾りの作り方

別名「天の川」と言われています。

横に引っ張るとびよ~んと伸びる形状からも天の川っぽく見えますよね。

作り方は本当に簡単で、折り紙を折って、

はさみでちょいちょい切りこみを入れるだけ。

星飾りの作り方

七夕と言えばやっぱり宇宙を連想させるものなので、星は

欠かせませんね。星があるだけでなんとも幻想的な雰囲気に

なるものです。では折り紙を使って簡単にできる星の作り方を

紹介していきますね。

最後に

七夕の飾りかたはいかがだったでしょうか?わからないところは

何度も見て確認しながら挑戦してみてくださいね。

思い出に残る素敵な七夕になりますように♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ