隅田川花火大会見るならどこがいい?何時まで行けば場所が取れるの?

fireworks-180553_640

夏の風物詩の隅田川花火大会。

大人気で毎年、100万人規模の人でにぎわいます。

できるだけいい場所で花火をみたいところですよね。

どこで見るのがいいのか。何時までいけばいい場所が取れるのか

について説明していきますね。

スポンサードリンク

隅田川花火大会見るならどこがいい?

それでは隅田川花火大会を見るのにおすすめの場所を紹介していきます。

関連記事甚平のおしゃれな着こなし方!メンズ用の似合うバッグや靴等を紹介

台東区今戸界隈

比較的間近に見れる場所。公園は場所撮りでいっぱいになっています。

浅草駅付近

浅草駅のそばでは、第1会場、第2会場の両方の会場の花火を見ることができます。

江戸川土手沿い

川沿いの小高い場所が見やすいので江戸川の土手沿いはおすすめです。

総武線小岩駅から南下した方が見やすいでしょう。

江戸川河川敷

駅から20分ほど歩くことになりますが、江戸川の河川敷は広いので、

遠くまで見渡すことができます。

隅田川公園の少年野球場

複数の人数で見るにはここがおすすめです。

開場は9時か10時ころです。

東京スカイツリー

花火を高い場所から見るというのは圧巻です。

蔵前駅周辺

18時ころから交通規制がかかり、歩行者天国になるので、

座って見ることができます。

屋形船から見る

人ごみを避けて見るなら屋形船もおすすめです。

船の上から落ち着いて見ることが可能です。

新大橋の上流

新大橋から上流に数十メートル行った当たりの中央区側がおすすめです。

都営新宿線の浜松駅に近いところで、「ボタンの博物館」付近です。

東京タワーは?

東京タワーからでは本当に小さくしか見えません。

両国第一ホテル

ホテルから花火を見るという方法もあります。

予約は早めにしておきましょう。

スポンサードリンク

コモディイイダ東向島店

当日は屋上の駐車場を開放しており、そこから見ることができます。

オリンピック墨田文花店

お店を鑑賞スポットとして開放しています。

東白鬚公園

花火大会当日は観賞用のシート(ゴザ)の無料貸し出しもあります。

汐入公園

比較的すいているので落ち着いて見ることができます。

隅田公園

高い障害物が無いので、写真も撮りやすい場所です。

銅像彫り公園周辺

公園には入れませんが、隅田川沿いにある遊歩道は入れるので、

そこから見ることができます。

清澄通

打ち上げられる場所に対しての障害物が無いため、見やすいです。

本所3丁目交差点付近

三つ目通りと春日通がぶつかる交差点は、大きな建物が無いため、

花火が見やすいです。

言問団子近く川沿い

墨田区側の言問団子近くの川沿いはいいです。風が墨田区から

台東区に吹くので、花火の残骸は降りません。

 

隅田川花火大会は何時まで行けば場所が取れるの?

人気のある場所は前日から場所取りをしている人もいますが、

第2会場付近では当日17時ころに行けば場所は取れます。

というのも、第2会場付近は花火大会当日は18時になると

交通規制がかかり歩行者天国になるのです。

つまり、それまでは場所撮りができない仕組みなんですね。

 

ですので、みんな一斉に18時になるまで場所取りができないので、

17時ころに行っても間に合うんです。

道路全体に座ることができますから、場所にも多少の余裕があります。

 

まとめ

隅田川花火大会は基本的にどこに行っても人がいます。

その中でも見やすい場所をうまく見つけられるといいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ