天神祭奉納花火2016の日程。有料席と穴場の場所を紹介

fireworks-1203586_640

大阪での花火大会と言えば「天神奉納花火」です。

天神祭の中で行われる花火大会で、
日本三大祭りの一つとなっている伝統あるお祭りです。

人気の方もすさまじく昨年度の人手はなんと130万人!
大阪の人口が886万人だから7人に1人は見に行っているという、
とてつもない花火大会です(そんな情報はどうでもいいですね^^;)

それでは天神祭2016の日程、有料席と
穴場の場所について解説していきますね。

スポンサードリンク

天神祭奉納花火2016の日程を紹介

天神祭奉納花火大会の日程や情報です。

日程 2016年7月25日(月曜日)
時間 19:00~21:00(2時間)
会場 大阪市北区天満橋大川一帯、川崎公園、桜ノ宮公園
打ち上げ数 約4000発
人出 130万人
お問い合わせ 06-6353-0025(大阪天満宮)
雨天時 中止(延期無し)

天神祭は大阪天満宮で行われるお祭りで、有名な学問の
神様・菅原道真公(すがわらのみちざねこう)を祀っているんですよ。
ここに行くだけでもご利益があって、頭が良くなりそうな気がしますね♪

また、天神祭は「船渡御(ふなとぎょ)」という
多数の船が川を下るという行事があります。

船渡御も風情があってとてもいいですので、時間があれば早めに
行って、一緒に見るのもいいでしょう。

こちらの動画で見ることができますよ↓

 

 
では、会場へのアクセス方法について説明します。

天神祭奉納花火大会 会場へのアクセス

JR大阪環状線「桜ノ宮駅」徒歩5分
谷町線「天満橋駅」徒歩5分
京阪鉄道「天満橋駅」徒歩5分

複数のアクセス方法がありますが、にぎわっているところに行くなら、
桜ノ宮駅で降りて、桜ノ宮公園中央広場周辺に行くコースがおすすめ

屋台もたくさん出ているので、人も多く、
お祭りの雰囲気を最高に楽しめます。

駐車場は無いので、というか車で行くのはまず
無理なので、公共交通機関を利用してくださいね。

場所取りに関して言うと、桜宮橋から北の方は打ち上げ場所に近くて、
迫力のある花火を楽しむことができるため、人気のスポットとなっています。
そのため、16時ころから場所取りが始まります。

場所取り競争に参戦するのもいいですが、
できれば有料席に座って落ち着いて見たいと思いませんか?

スポンサードリンク

天神祭奉納花火2016の有料席を紹介!

カップルで行く場合、有料席を取った方がいいと思います。
人ごみで彼女の浴衣が着崩れしちゃったら可愛そうですし、
座って食べたり飲んだりしながら、花火を見るってセレブ感あります(笑)

それに2時間もの間、立ちっぱなしで花火を見ていたら
足が痛くなってしまいますよ。下駄や雪駄ならなおさらです。

観覧席特設会場
1人 8,500円 お弁当お茶付き(入場時お渡し)
奉納花火特別観覧席
1人 5,500円(テーブル指定席)
1人 4,000円(砂浜自由席)
1テーブル4名様となります。4名様以外の場合、相席となります。
ソフトドリンク1本、オリジナルレジャーシート付
船渡御観覧席
SS席 11,500円
S席 10,000円
A席 7,500円
各席に大阪名物「ビリケン弁当」売店利用券300円付き
OMMビル観覧席
1人 18,000円 特製弁当付き

おすすめなのは奉納花火特別観覧席ですね。
5,500円からという低料金に加え、テーブル付きというのが嬉しいポイント。
ちょっとした荷物を乗せることができます。

今年は販売開始時期はまだ発表されていませんが、
昨年度は6月24日から販売開始でしたので、
今年も同じころが予想されます。

人気のある席は売り切れてしまいますので、
早めにチェックして購入してくださいね。

「チケットぴあ」「ローソンチケット」「CNプレイガイド」
「イープラス」で購入することができます。

関連記事花火大会のデートは浴衣か私服か?告白が成功するのはどっち?

天神祭奉納花火2016 穴場の場所は?

でも有料席はやっぱり高いですよね。
一度座ったらじーっとしているというのもなんか嫌だし・・・
という人におすすめな無料の穴場を紹介します。

大川の橋から見る

天神祭花火大会は大川がメインですので、大川に
かかっている橋は花火が見やすく、とても人気があります。

「川崎橋」「源八橋」「都島橋」「桜宮橋」「飛翔橋」
は穴場となっています。

打ち上げ会場に近い場所の方が当然混雑具合もすごいので、
空いた場所で見たい場合なら、ちょっとはなれた「都島橋」がいいでしょう。

藤田美術館前

藤田美術館前には公園があり、ここは打ち上げ会場にも
近いので、迫力ある花火を楽しむことができます。

最寄り駅の大阪城北詰駅より徒歩3分で行けちゃう
近距離なので、アクセスもよく隠れた穴場です。

OAPタワー

OAPタワーって実は打ち上げ場所の真ん前に立ってるんですよ。
そこから見る花火は豪快で見所満点でしょう。

そのため、場所取り競争が激しく、昼前から並んでいる人もいるくらいです。
いい花火を見るためには気合と根性が必要なんですね・・・

最後に

天神橋奉納花火の情報でした。
年に一度の伝統と人気のある花火大会を今年も楽しんでください♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ