王子動物園の無料開放はいつ?混雑状況や口コミをチェック!

panda-1236875_640

王子動物園は日本で唯一ジャイアントパンダコアラ
一緒に見ることができるので有名です。

他にアムールトラ、ユキヒョウといった希少動物が
展示されているということも高い人気の理由です。

実は王子動物園は無料開放される日があるんですね。
無料の日と、その時の混雑状況や口コミを紹介します。

スポンサードリンク

王子動物園の無料開放2016はいつ?

通常営業日で料金がかかるのは高校生以上です。
中学生以下は無料で入れます。

また、兵庫県在住の65歳以上の方や障がい者の方も無料です。
ちなみに大人は600円です。

入園料金が無料になる日が年に何回かあるので紹介します。

王子動物園の無料開放は年に2回!

まずは、開園記念日です。
王子動物園が開園したのは1951年の3月21日です。
ですので、毎年3月21日は入園無料となっています。
2016年3月21日が無料で、来年度の2017年の3月21日も無料となります。

次は「KOBE観光の日・観光ウィーク」です。
このイベントは毎年10月3日から12日まで開催されているもので、
神戸市の観光施設が無料開放されます。

王子動物園も無料開放されることになっていて、
昨年度の無料開放は10月3日でした。

今年の予定はまだ発表されていませんが、過去のデータを見てみると、
毎年10月3日に開催されているので、2016年度も10月3日が
無料開放されると考えられます。

動物は見れないけど無料開放されるイベントも

あと、もう一つ無料開放される日があるのですが、その日は
園内の桜を見るのがメインになり動物たちを見ることができません。

「夜桜通り抜け」と言われているイベントです。
王子動物園には桜は約480本もあり、実は
神戸市内でも有数の桜の名所となっています。

2016年度は4月2日~4日(18:00~20:30)でした。
毎年4月の第一週に開催されています。

関連記事夏休みのお出かけスポット関西編!子連れで家族が楽しめる場所を紹介!

スポンサードリンク

王子動物園の無料開放日の混雑状況は?

無料開放の日は当然のことながら
多くの人が動物園にやってきます。

ある年の開園記念日の入場者数がニュースで放送されてました。
開園前に集まってできた行列は1,000人で、
トータルでは30,000人訪れたそうです。

数字だけ見るとものすごい人数ですが、中に入ってみると
人ごみで動物が見れない、ってことはありません。
30,000人が同じ時間にやってくるわけじゃないですからね。

ちゃんとパンダもコアラも間近に行って見ることができますし、
写真も撮ることができます。

ただ、注意しなければいけないのが食事です。
中にレストランがあるのですが、こちらは大混雑で
食べるのにも一苦労します。

ですので、無料開放日に行く場合は、お弁当を持参しましょう。
王子動物園は飲食物の持ち込みが許可されています。

園内にはベンチがあるので、そこで座って食べることができます。
混雑を回避するのは開園直後に行くのがおすすめです。

王子動物園の無料開放時の口コミを紹介!

それでは王子動物園の無料開放日に実際に行った人の口コミを紹介しますね。

・家族連れやカップルが多く来ていました。フラミンゴやシロクマ、アザラシなどを見ることができました。園内は混んでいましたが、ゆっくりと見ることができました。
・「行こう!神戸キャンペーン」の無料開放の日に行きました。無料にするくらいの動物園だから大したことないと思っていたら、ちゃんとした動物園だったので驚きました。
・子連れのベビーカーの移動でした。キリンが近くで見れて楽しめました。
・パンダ舎の前はすごい人だかりで、あまりゆっくり見られなかった。
・無料の日は駐車場に車を止めるまでに数時間かかるので、電車で行った方がいいです。
・開園記念日に無料ということで行ってきました。人はたくさんいましたが、多くの動物を楽しむことができました。

入園料が無料ということで、やはり混雑しているようです。
ただ、動けなくなるほどの大混雑ではないので
動物たちの姿を楽しむことができるようですね。

まとめ

王子動物園は行った人の人気が高く、リピーターが多い動物園です。
もともとの値段が600円と、他の動物園に比べると安い上に、
無料開放日もあるは嬉しいですね。

ぜひみんなで遊びに行って楽しい思い出を作ってきてくださいね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ