住民票を取得する場所5つを紹介。土日や他人が取得する方法もチェック!

22ed1d773a89bf2c8591d5ad2e4a2c3b_s

バイトや引っ越しの際に住民票が必要になります。住民票は電話一本で注文と言うわけにはいかず、取得するにはちょっと手間がかかります。少しでもスムーズに取得ができるようにこの記事では、

  • 住民票を取得できる場所5つを紹介
  • 住民票の取得が土日でも出来る場所はここ!
  • 住民票の取得を他人にお願いする方法

ということをわかりやすく解説していきます。

スポンサードリンク

住民票を取得できる場所を紹介

住民票は以下の5つの方法で取得することが可能です。それぞれ詳しく解説していきましょう。

  1. 市町村の役所の「各種証明書発行」の窓口
  2. 役所から郵送で送ってもらう
  3. 各都市の「まちづくりセンター」に行く
  4. 各都市の「証明サービスコーナー」に行く
  5. コンビニのマルチコピー機を使う

1・市町村の役所の「各種証明書発行」の窓口に行く

「住民票を取得する場所」と聞いて真っ先に考えるのが区役所です。区役所には「各種証明書発行」という窓口があるので、そこに行きましょう。住民票を発行してもらうには本人確認の書類が必要です。

平成20年度に住民基本台帳法、戸籍法が改正されたため、窓口での本人確認が厳しくなっています。身分が証明できる以下の物を持っていきましょう。

  • 免許証
  • パスポート

この2つは顔写真が付いているので本人確認がすぐにできますが、持っていない場合は以下の物を持っていきましょう。

  • 保険証
  • 年金手帳

もし、これらも持っていない場合は、口頭の質問での本人確認になります。

料金:¥300~¥350(1通)

2・役所から郵送で送ってもらう

実は役所に直接行かずに郵送で送ってもらうことも可能です。平日は役所に行く時間が取れない人にはおすすめです。ただ、郵送には条件があり「本籍と住民登録がその市町村にある」ということが必要です。例えば、札幌市に住民登録と本籍がある人じゃないと、札幌市から郵送で住民票を送ってもらうことはできません。

その際に必要となるのは、

  • 請求書(区役所ホームページから印刷して記入します)
  • 返信用封筒(¥82切手を貼ったA4サイズが入るもの)
  • 定額小為替(おつりが無いように。郵便局で購入可。料金は確認してください)
  • 本人確認書類(免許証や保険証のコピー)

上記の物を揃えて、住民登録がある市区町村の「戸籍住民課」に送付しましょう。

請求書は区役所のホームページにテンプレートがありますので、印刷して記入します。

3・各都市の「まちづくりセンター」に行く

「区役所が遠くて行くのが大変・・・」な場合には、代わりにまちづくりセンターでも住民票を取得することができます。まちづくりセンターとは市民がより生活しやすく、暮らしやすくなるように従来の連絡所の機能を強化した場所で、区役所よりもはるかに多くの場所に設置されています。

”自分が住んでいる地域”+”まちづくりセンター”で検索してみてください。近くにまちづくりセンターにある場合は行ってみましょう。本人確認の書類は必要なので忘れずに。

※お住いの地域によっては無いこともあります。

スポンサードリンク

4・各都市の「証明サービスコーナー」に行く

大きな都市では、街中に「証明サービスコーナー」が設置されていることが多く、そこで住民票を取得することも可能です。

”自分が住んでいる地域”+”証明サービスコーナー”で場所を検索してみましょう。夜8時まで営業しているので、仕事帰りに寄ることも可能です。

※地域によっては無い場所もあります。

5・コンビニのマルチコピー機を使う

コンビニにあるマルチコピー機でも住民票の取得が可能です。やはりコンビニというだけあって朝6:30から夜の11:00時まで取得出来て便利ですよ。ただ、コンビニを利用する場合はマイナンバーカードが必要になってきます。マイナンバーカードを持っていないとコンビニで住民票を取得することはできません。住民票を取得可能はコンビニは以下のようになっています。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • サークルKサンクス
  • ファミリーマート
  • Aコープ北東北
  • セイコーマート
  • イオンリテール
  • コミュニティストア
  • エーコープ鹿児島
  • セーブオン

(マルチコピー機が無い店舗は不可)

ちなみに、コンビニで住民票を取得する場合は役所よりも50円安くなるんですよ。お得ですね♪

住民票の取得が土日でも出来るところは?

現在は行政もサービスが向上しており、土日でも区役所で住民票の取得が可能な場所が増えてきています。対応しているのはまだ一部の区役所なので、行く際には区役所に確認をしておきましょう。

区役所での土日の対応は以下の3パターンに分けられます。

  • 平日と同様に住民票を発行可能
  • 平日に電話で予約をし、土日に行って受け取り可能
  • 土日は休業

土日の取得でも、本人確認書類は忘れずに。

証明サービスコーナーとコンビニでは土日に取得することができる

先ほど紹介した「証明サービスコーナー」と「コンビニ」は土日でも住民票を取得することができます。

住民票の取得を他人にお願いする方法とは?

住民票は本人の代わりに代理人が行って取得することが可能です。忙しくてどうしても取りに行けない時は身内の人や知人にお願いしましょう。代理人が持っていかなければならないものは、

  • 委任状
  • 代理人の名前が確認できるもの

です。

委任状は、各区役所のホームページを見るとテンプレートがありますので、ダウンロードして印刷して使用してください。

まとめ

住民票の取得は区役所に直接行かなくても郵送で送ってもらったり、街中の証明サービスコーナーやコンビニで取得することが可能になっています。土日でも取得できる場所も結構あるので平日時間が取れない時はぜひご利用ください。また、代理人に委任して取ってきてもらうこともできます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ