ホワイトデーのお返しは本命には花を贈ろう!花言葉もチェック!

bouquet-1246307_640

お花は女性が喜ぶ人気プレゼントの一つです。

美しい、可愛い、綺麗というお花のイメージが女性にぴったりなんですね。
ということで、ホワイトデーにはお花をプレゼントしてあげましょう。

この記事では、

  • お花はどこで買うのか?
  • お花の予算はいくらくらいが普通?
  • お花を渡すタイミングは?
  • いろいろある花言葉を紹介!

ということについて解説しています。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しは本命には花を贈ろう!

お花は女性に喜ばれる人気プレゼントです。でも、注意が必要です。ちょっと間違えてしまうと、女性にとって有難迷惑なことになってしまうこともあるのです。しっかりとポイントを抑えて、彼女を喜ばせてあげましょう!

ホワイトデーのお花はどこで買うの?

ホワイトデーに贈るお花は花屋さんで買います。相手が近くに住んでいて直接会って渡すことができる場合は、近くのお花屋さんを利用しましょう。

また、ホテルで購入することもできます。レストランがあり、結婚式も行うようなしっかりとしたホテルには必ず花屋さんがありますので、そこで購入するのもいいでしょう。

もし、相手が遠くに住んでいて直接会うことができないのであれば、郵送してもらいます。例えば「花キューピット」では、お花を注文したら日本全国に届けてくれるシステムがありますし、ネットで購入して贈ってもらうこともできます。

花は鮮度が大事です。一日経つだけでしおれてしまう花もあるので、必ず渡す日に買うようにしましょう。生き生きと咲く花は彼女に喜んでもらえるはずです。

もう一つ忘れてはならないのが「彼女は花瓶を持っているかどうか?」です。せっかくお花を貰ってもいける花瓶が無ければ困ってしまいますよね。ですが、事前に彼女に「ねぇ、花瓶持ってる?」なんて聞くと花束をプレゼントするのが見え見えになってしまうので、やめておきましょう。

花瓶があるかどうかわからない場合は、花屋さんに「花瓶が無くても飾れるタイプでお願いします」と一言付け加えましょう。すると、スポンジが付いていて、そのまま立てることができるタイプのお花を用意してくれます。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しの花の予算の相場はどれくらい?

相手を喜ばせるには値段が高い花の方がいいの?というとそうではありません。例えば10,000円の花束にすると、単純にものすごい大きさになっちゃうんですよ。片手じゃ持つこともできません。こんな大きい花束はデートの最中に持って歩くことができないのでNGです(家に贈る場合は大丈夫ですが)。

一般的には3,000円が平均的な金額となっています。このサイズは片手で持つことができるちょうどよい大きさになります。

「3,000円じゃ自分の思いを伝えきれない!」と言う場合には、お花+別のプレゼントを用意するといいと思いますよ。

お花を渡すタイミングは?

待ち合わせをしているならばお花を持って行き、すぐに渡すのがいいですね。渡すときには持ちやすいように、手提げ袋も一緒に用意しておくようにしましょう。これはお花屋さんに頼んでおくと用意してもらえます。そして、デート中はあなたが持ってあげると優しさポイントがアップしますよ。

また、レストランで食事をする予定があるならば事前にレストランに連絡しておき、お花を置かせてもらいましょう。食事の後に持ってきもらうようにお願いしておき、そこで渡すのもサプライズ的な演出として喜ばれます。

ホワイトデーのお返しは本命には花を贈ろう!花言葉もチェック!

女性に贈る花で定番なのはバラです。色によって花言葉が変わります。

  • 赤いバラ・・・あなたを愛します
  • ピンクのバラ・・・いつもありがとう
  • 黄色のバラ・・・あなたを忘れない
  • オレンジのバラ・・・魅力的なあなた
  • 白いバラ・・・あなたを尊敬しています
  • 青いバラ・・・あなたに一目ぼれです
  • 紫のバラ・・・誇り高く美しい

様々な意味がありますので、あなたの気持ちに合った色を選んであげましょう。一番人気があるのはやっぱり赤いバラですね。個人的には紫のバラなんて素敵でおしゃれだと思いますよ。

最後に

ホワイトデーに贈るはお花についてまとめてみました。会って渡す日に買うようにすることを忘れずに。予算は3,000円で大丈夫です。彼女が喜んでくれるようにしっかり決めてくださいね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ