宝くじは何枚買う?当たる確率は?高額当選者はどれくらい買うの?

302421

当たれば10億円!

人生が一気に180度変わってしまう金額ですね。

宝くじにはがあります。

さて、世の中の人は宝くじを何枚くらい買っているのでしょう?

また、当たる確率ってどれくらいなの?

実際に高額当選した人って何枚買ってるの?

ということについて説明していきます。

スポンサードリンク

宝くじは何枚買う?

まず、僕の場合で言いますと、

「バラで10枚」です。

連番のほうが前後賞合わせて10億当たるけど、

バラのほうがもしかしたら高額が複数当たるかも?

という欲深い読みです(笑)

 

では、街の人のいろいろな意見を聞いてみましょう。

  • 「ジャンボのみ毎回バラで100枚」
  • 「バラで10枚、連番10枚の合計20枚」
  • 「一等、前後賞狙いで3枚」
  • 「1万円以内ということで30枚」

 

「3枚」という方、チャレンジャーですね^^;

これで本当に一等、前後賞が当たったら、運が強すぎますよ。

 

日本宝くじ公式サイトによると、

30枚買う人が一番割合が多いです

30枚というのが1万円以内で購入できますし、

下一桁は3枚当たりますし、買った期待感と、当たる満足感が

適度にバランスが取れているのかもしれませんね。

 

宝くじに当たる確率は?

では、実際に宝くじに当たる確率は314409

どれくらいなのでしょう?

 

2015年度の年末ジャンボ宝くじは、

販売総数は27ユニット(1ユニット2,000万枚)

各ユニットごとに1等、前後賞、2等、3等・・・・と用意されています。

 

今回は1ユニットが2,000万枚だから、

1等が当たる確率は2,000万分の1ということになります。

 

2,000万分の1というのは「宝くじを1枚買った時の確率」です。

10枚宝くじを買えば、200万分の1になりますし、

100枚宝くじを買えば20万分の1になります。

 

では、ちょっとまとめて表にしてみました。

購入枚数 当選確率 購入費用
1枚 2,000万分の1 300円
10枚 200万分の1 3,000円
100枚 20万分の1 30,000円
1,000枚 2万分の1 30万円
1万枚 2,000分の1 300万円
10万枚 200分の1 3,000万円
100万枚 20分の1 3億円
200万枚 10分の1 6億円

 

1,000枚買うと、20,000分の1

10,000枚買うと、2,000分の1です。

 

ここまでくると、ちょっと当たりそうな気がしてきませんか?

2,000分の1ですよ。

そのために必要な宝くじの枚数10,000枚というのは、

300万円です^^;

 

せっかくなので、想像ついでにもう少し頑張って買ってみます。

100,000枚宝くじを買えば、当選確率は200分の1

1,000,000枚宝くじを買えば、確率は20分の1!!

 

おおぉお!なんと当選確率が20分の1まで上がりましたね!

で、このとき1,000,000枚宝くじを買っていることになるんですが、

その費用は3億円になります(笑)

 

今回は一等前後賞合わせて10億円なので、3億円かけても

10億円当たれば十分すぎるほど元が取れます。

極端な話、1億でも十分なほどです。

 

ってことで、もう少し確率を上げてみましょう!

倍の2,000,000枚買うと、当選確率は10分の1です。

ついに10分の1まで来ました。

でも、実は前後賞も含めて考えると、実は10分の3になってます!

 

約3分の1!!これは相当な確率ですよ。

そのための投資は倍の6億円

 

6億円かけて10億円あたる確率が10分の1

確実ではないけど、ここまでくれば当たりそうですよね?

 

もうちょっとわかりやすい例を挙げると、サイコロを振って、

同じ目が連続10回出るのと同じ確率

なんです。

 

ちなみに、高額当選する確率は、日常生活で雷が

自分に落ちてくるよりも高い確率なんですって。

 

スポンサードリンク

宝くじの高額当選者はどれくらい買ってるの?

これはいろいろ調べたんですが、

本当に億単位で当選している人は、そういった話をしないんですね。

というのも、

1,000万円以上の金額が当選した場合、

当選者は「その日から読む本」という冊子をもらいます。

 

「その日から読む本」は高額当選者しか読むことができないもので、

高額当選したときに、どういう対応をすればよいのか?について

細かく書いてあります。

 

内容は全部はわかりませんが、高額当選したことを

知らせる人をリストアップする、という項目があります。

うかつにいろんな人に話してはいけない、ということなんですね。

 

ですので、調べることができたのは1000万円以下の当選者です。

実際の当選者たちによると、

  • 「販売締切日にたまたま買ったら当たった」
  • 「風水をやってみたら当たった」
  • 「10枚で当たった」

 

思ったほどたくさんは購入していないようですね。

結局のところは、宝くじは「運」のようです。

 

まとめ

宝くじを買うのは「30枚」というのが一つの目安です。

確率は単純に買った枚数により、買うほど高くなります。

あなたにも幸運が訪れますように♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ