うがいの効果で風邪をひかないって本当?一日の回数は何回がいいの?

137909

「帰ったらうがいしなさい!」

子供のころに言われたことは今でも覚えています。

風邪の予防にはうがいがいいと巷では言われていますが、

本当に効果はあるのでしょうか?

また、うがいは一日に何回するのが効果的なの?

ということを解説していきます。

スポンサードリンク

うがいの効果で風邪をひかないって本当?

まず、うがいがどのような効果があるのか?ウイルス3

ということから説明していきましょう。

うがいの主な目的は「ばい菌の排除です」

 

呼吸をすることは外気を吸い込むことなので、

空気と一緒に、大気中のばい菌やウイルスも吸い込んでいます。

それが風邪の原因になることもあるんですね。

 

うがいではそれらを排除するのが目的です。

で、吸い込んだばい菌は、

口の中、のど、鼻の奥の粘膜にくっつきます。

 

風邪の菌は乾燥している環境が大好きで、

乾燥していると、どんどん繁殖して増えていきます。

 

うがいをするとどうなる?
水が霧状になってのどに入っていき、のどに適度な湿度を与えます。

ばい菌は湿度に弱いので、死滅していきます。

また、水に含まれる塩素などの物質も

ばい菌に効果があると言われています。

関連記事風邪にりんごは効果あるの?医者要らずって本当?栄養成分は?

関連記事風邪で関節痛が痛い。その原因と治す方法は? 

 

スポンサードリンク

うがいで風邪の感染を予防できる確率は?

実際にうがいが風邪にどれくらいの効果があるのか?

ということを実験したグループがあります。

 

実験をしたのは京都大学のグループ。

「うがいをしないグループ」「うがいをするグループ」に分けて実験したんです。

その結果、風邪をひいたのは、

  • うがいをしないグループ・・・・26人(100人中)
  • うがいをするグループ・・・17人(100人中)

 

となりました。

うがいをしたグループは、しない場合に比べて40%

風邪をひく確率が低下したのです。

 

つまり、実験からしてもうがいをすることで風邪を予防する

効果はあるということになりますね。

 

うがい薬を使用した方がいいの?

ではうがいをする時「水」だけがいいのか「うがい薬」

を使った方がいいのか?

 

どうせうがいをするなら、効果がある方がいいですよね。

うがい薬のほうが効果がありそうに見えます。

ですが、実験の結果、

「水」でも「うがい薬」でも、それほど差はないと言われています

 

お医者さんの中にも「うがいは水だけで十分」という先生もいます。

ですので、水でも構わないので、しっかりとうがいをして

風邪を予防してくださいね。

 

うがいの一日の回数は何回がいい?

では、うがいってどれくらいの頻度ですれば、効果的なのでしょう?

うがいをすれば、ばい菌は除去されます。

ですが、呼吸をしている限り、またばい菌は体に入ってきます

 

ばい菌は時間とともに増殖していく特性を持っていて、

3時間後には10倍に増えると言われています。

その後はさらに加速度的に増えていくので、

早い段階でばい菌を除去する必要があります。

 

この3時間というのを一つの目安にするとよいでしょう。

回数で考えると、3時間ずつということは6~7回になります。

 

つまり、一日に6~7回うがいをすれば、

ばい菌が増殖する前に排除することができます。

 

まとめ

うがいには風邪を予防する効果があります。

確実ではないですが、風邪をひく確率は40%下がります。

また、3時間に一回の間隔でうがいをするのが一番効果的です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ