お通夜での香典の渡し方と金額の書き方。お金の入れ方まで

d0889211cf145fea2d5a0e25577bbac6_s

お通夜は突然やってきます。

準備は急ですので、忘れ物のないように。

香典は準備できましたか?

お通夜での香典の渡し方と、金額の書き方

お金の入れ方までを解説していきます。

スポンサードリンク

お通夜での香典の渡し方

お通夜に行くと、会場すぐ横に「受付」があります。

受付は長テーブル一つに二人の係が座っていることが多いです。

会場に入る前に、受付で香典を渡してください。

香典は喪主に直接渡すわけではありません。

 

香典を渡したら「香典返し」「領収証」をもらいましょう。

知人から預かっている香典があれば、この時、

一緒に渡してください。

 

混雑している場合、

「香典返しと領収証は式の終わりに取りに来てください」

と言われることもありますので、忘れずに。

 

また、大きな斎場の場合、

一つのフロアで複数のお通夜を開催していることがあります。

 

この場合、受付がいくつもあるので間違ってしまう

恐れがありますから、気をつけましょう。

「○○家はこちらでよろしいでしょうか?」

と確認してから香典を渡すようにしてください。

実際に間違えてしまった人もいますからね(笑)

 

お通夜での香典の金額の書き方

お通夜での香典は、

渡す金額を記入することが必要です。

これは結婚式などのお祝いとは異なるマナーです。

 

どこに書くのかといえば、

香典袋の裏側の左下の部分です。

 

ここに数字で金額を書いてください。

「5,000円」

「10,000円」

といった具合です。

漢字より、数字のほうが見やすいですよ。

 

斎場によっては、金額を書いてない場合、

「おいくらか書いてください」と言われることもあります。

 

また、先ほども書きましたが領収証をもらうことができます。

これも結婚式のお祝いとは違うマナーですね。

受付で「領収証お願いします」と言えば書いてくれます。

香典の領収証は「弔電代」として確定申告の際に経費として使用することができます。

 

スポンサードリンク

お通夜の香典でのお金の入れ方

一般的に香典に使うお金(お札)は旧札がいいとされています。

新札はお通夜にはふさわしくないので、新札しかない場合は、

折り目を入れて、ちょっと旧札っぽく見せることがマナーです。

 

そして、お札はすべて向きをそろえて

顔が印刷してある面を上にします。

そして袋の入り口側に顔の方をもってきてください。

 

ですが、最近ではそういったことを

気にしない人も増えてきているようです。

銀行ATMからお金を引き出した場合、新札であることが多く、

そのまま香典袋に入れてしまうんですね。

 

実際に喪主をされた方によると、

新札は結構な割合で入っているようです。

 

ですが、年配の人たちはそういったことを結構気にします。

あとからブツブツ言われないように、旧札を用意してください。

 

まとめ

それでは以上のことをまとめて復習してみましょう。

  • お通夜の香典は、斎場についたら先に受付に渡す。
  • 金額は封筒の裏側の左下に数字で書いておく。
  • お金は旧札にして揃えていれる。

ということになりますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ