一人暮らしの部屋の広さは平均どれくらい?家具の配置はどうする?

1af153f3f396005730111141ada44105_s

一人暮らしを始めよう。

一人暮らしをするときって、どれくらいの部屋の広さが平均的なの?

また、家具の配置はどうすればいいのでしょうか?

解説していきます。

スポンサードリンク

一人暮らしの部屋の広さは平均どれくらい?

僕が最初に一人暮らしを始めたのは、

大学に入学した時です。

その時に入った部屋は6畳一間で、風呂、トイレ共用でした。

 

当時の友人たちの部屋と比べると比較的狭かったと思います。

広い人だと、13畳程度ありましたから。

ただ、それで苦労したか?というと、普通に生活していく上では

特に不自由はありませんでした。

関連記事一人暮らしで冷蔵庫のサイズは自炊なら何L?野菜室の機能は必要か?

 

友人たちが4,5人集まったときには「ちょっと狭いな~」

と思いましたけど、一人で生活するには問題なかったです。

 

では、一般的に一人暮らしの部屋の広さの平均

どれくらいなのでしょう?

 

平均は「8畳+キッチン」

いわゆる「1K」ですね。

 

中にはほとんど家にいなくて、外出している場合が多く、

家では寝るだけ、という人は狭い部屋でも構わないから、

「4畳半」でも事足りる、とのことでした。

 

逆に、ある程度の部屋の大きさがないと落ち着かないし

荷物も多い、家にいる時間が長い、寝室と居間を別にしたい人は

一人暮らしでも18畳(部屋は二つ)は必要、とのことでした。

 

自分の用途によって必要な部屋の大きさは変わってきます。

趣味が多く、物が多い人、増えそうな人は大きな部屋を、

家では寝るだけで、買い物ものほとんどしない人は狭い部屋を。

 

自分にあった部屋の大きさを選ぶようにしましょう。

 

スポンサードリンク

狭い部屋のメリット・デメリット

「8畳」は部屋としては比較的狭めです。

家具を入れたら、自由に使えるスペースはそれほどありません。

狭い部屋のメリットとしては、

  • 掃除が楽
  • なんでも手を伸ばせば届く範囲内にある
  • 冷暖房がすぐ効く
  • 電気代が安くなる
  • 家賃が安い

 

狭い部屋のデメリットは、

  • 食べるのも寝るのも同じ部屋
  • 必要最低限の家具しか置けない
  • 洗濯物を干す場所も狭い
  • 友人が泊まりに来たとき狭い

などがありますね。

 

一人暮らしの部屋で家具の配置は?

一人暮らしの部屋は基本的には狭いワンルームなので、

家具の配置が重要なポイントになります。

できるだけ不要な家具は買わないようにしましょう。

 

先ほどの僕が住んでいた6畳の部屋には、

あらかじめ家具が付いていました。

実際にあった家具は、

  • シングルベッド
  • 学習机
  • クローゼット

です。

 

これに自分で買って加えたのは

  • テレビ
  • オーディオセット

だけです。

 

これだけも十分に生活することはできましたね。

ついいろいろと買い込みたくなるのですが、そこは我慢。

必要最低限の家具で大丈夫です。

 

一人暮らしでベッドはどうする?

特に問題になるのがベッド

ベッドが家具の中では一番大きくかさばりますから

このベッドをどうするかによって、住み心地が

変わってくると言っても過言ではありません。

 

ベッドはソファー兼用にするか、ロフトベッド(ハイベッド)にしましょう。

ロフトベッドは高さが最大で185センチにも達しますので、

ベッドの下にタンスや勉強机を置いたり、ハンガーを

吊るすことがもき、狭いスペースを十分に活用することができます。


 

次はテレビですね。

テレビは一人暮らしなら26インチでも十分です。

壁に掛けるタイプがスペースをとらないのでおすすめです。

 

まとめ

一人暮らしの部屋の広さの平均は8畳。

できるだけ効率よく住むためには、家具を買いすぎないこと。

ベッドを工夫して空いたスペースを作り、有効活用していきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ