海外旅行の持ち物でおすすめを紹介!初めての時の必需品10選!

luggage-933487_640

海外旅行には何をもっていけばいいのかな?

僕は初めての時、不安でしょうがなかったのを覚えています。

今まで、何度もヨーロッパに行ったことのある経験から、

おすすめな持ち物、初心者にとっての必需品10選を紹介していきます。

これであなたも大丈夫です!

スポンサードリンク

海外旅行の持ち物でおすすめを紹介!

この章では「おすすめ」なので、あればそれなりに役に立つけど、

まぁ無くてもなんとかなるか、っていうアイテムを紹介します(笑)

必需品を知りたい場合は、飛ばして下に進んでくださいね。

 

スリッパ

海外旅行は基本的にフライト時間が長くなります。

場所にもよりますが8時間~12時間乗ることはざらです。

ファーストクラスならば横になることが可能なので楽なのですが、

エコノミーの場合はずーっと座ったままです。

 

長時間座っていると足がむくんで見たことないくらいパンパンに

腫れ上がり、靴がきつくなり足が苦しく痛くなってきます

なので、飛行機に乗ったらすぐに靴を脱いでスリッパに履き替えましょう。

スリッパはホテルにあるペラペラの使い捨てタイプのものが

かさばらないのでおすすめですよ。

 

スプーン

海外でもカップヌードルやスープを食べる機会はあります。

小腹が減った時に、近くのコンビニっぽいお店に行けば

結構置いてあるんですよ。

もちろん、箸のサービスなんてありませんから

自分で用意する必要がありますよ。

出来れば、先の部分が割れているフォークと兼用タイプのものが

用途が多くて便利ですね。

 

インスタント食品

当たり前なのですが、海外に行けば朝昼晩すべて現地の食べ物です。

日本食はまったく出てきません。

口に合えばいいのですが、それは実際に行ってみるまでわかりません。

行ってみた人に聞いてみると「料理はあまりおいしくなかった」

という声もよく聞きます。そんな時に安心なのはやっぱり日本食。

インスタント食品をもっていけば、お湯をかければあっという間に

いつもの味ができあがりです。

 

海外旅行の持ち物は初めての時何を持っていく?

初めての海外旅行って、不安なのであれもこれも、と必要以上に

たくさん荷物を持っていきがちなんですよね。

僕はを大量に持っていったんです。

風邪薬、酔い止め、下痢止め、痛み止め・・・・

でも一つも使わずに持って帰ってきました(笑)

他にも着替えなども大量に持っていきましたね~。

 

ただ、実際に一度行ってみないと本当に自分にとって必要なもの、

不要なものってなかなかわからないんですよね。

ですので、とりあえず今の段階では「使うかも・・・」と思えるものは

持っていくことをお勧めします。使わなければ帰りにゴミとして

捨ててくればいいんですよ。

 

海外旅行の持ち物で必需品10選!

1・パスポートのコピー

海外旅行でパスポートは最も大事です。

パスポート自体はホテルの安全な場所に預けて置き、

コピーは常に持ち歩きましょう。

万が一、盗難などでコピーも実物もなくしてしまった場合、

日本大使館に行って再発行をしてもらわなければなりません。

大使館と領事館と公使館の違いについて

 

その際にかかる再発行費用、滞在費、帰りの飛行機代はすべて自腹に

なりますので、しつこいようですがパスポートはなくさないようしてください。

 

スポンサードリンク

2・クレジットカード

海外旅行に欠かせないのがクレジットカード。

買い物も当然できるし、銀行に行けば日本と同じように

キャッシングも可能です。

身分証明にもなるので、一枚は必ず用意しておきましょう。

 

3・リュック

日本と違い、海外は治安が悪いのが基本、と考えておいた方がいいです。

鞄を置いたままちょっと出かけたり、目を離すとあっという間に盗まれて

しまうことがあります。

しかも、驚くことに空港での盗難も頻繁なんです。

トイレに行くから、とか友人と話していて、とかでちょっと目を離した隙に

荷物がなくなってたなんて話は本当にあるんです。

 

ですので、持ち物は常に身に着けて持ち歩くのが基本です。

リュックはたくさん物が入るし、両手が自由に使えるので非常に便利です。

小持ち物が少ない場合は、ウエストポーチがいいですね。

逆にショルダーバッグなどはひったくられる危険性もあるので控えましょう。

 

4・ウエットティッシュ

日本ではお店に入れば当たり前のようにティッシュがありますが、

海外ではそうではありません。

トイレも有料だったりするので、気軽に入れないこともあります。

ですので、ウェットティッシュは食事の際や、なにかと役に立ちます。

100円ショップで売っているものでもいいですので用意しておきましょう。

 

5・ロープ

旅行中にたまった洗濯物は自分で洗うしかありません。

洗ったものはどこで干すのかと言えば、ホテルの部屋なんですが、

当然干す場所がないので、ロープを張って、そこにかけるのです。

特に長期間の旅行の場合、荷物を減らすためには服を何度も着ますよね。

洗濯紐や洗濯ロープを用意した方がいいですね。

 

6・マスク

マスクは飛行機内で使います。

飛行機内の乾燥度合いは半端じゃやなく、

10%~20%程度しかありません。

この中で12時間も呼吸をしていると、のどがやられます。

それを防ぐためにはマスクが必要です。

機内では寝るときにマスクを忘れずにつけておきましょう。

飛行機の機内での乾燥対策を紹介!のどや肌を守るために必要な事は?

 

7・スニーカー

海外、特にヨーロッパでは道路が舗装されていなくて、石畳の場所や、

砂利道の場所がおおいです。現地ではかなり歩くことになるので、

歩きやすく、疲れにくいスニーカーがおすすめです。

 

8・はさみ

海外での買った商品は日本ほど親切じゃなく、開け口がついていない

ものも結構あります。開けるためにははさみが必要

また、買った服をすぐ着たい場合にタグを切り取ったりちょっとしたことに

使うのであると便利です。機内持ち込みはできないので、スーツケースに

入れていきましょう。

 

9・お金

なんといってもお金は必要です。

海外と言っても、首都付近は思っている以上に発展していて、

必要なものはスーパーやお店に行けば買いそろえることができます。

ですので、ある程度の現金を用意しておくとよいでしょう。

現地の通貨への換金は銀行でもできるし、成田空港でも可能です。

 

10・薬

海外の薬局に行っても、文字が読めないし、薬剤師さんに

うまく症状を伝えることができません。

ですので、日本の薬を持っていくのが一番です。

常用しているものがあればもちろんのこと、「胃腸薬」「痛み止め」

持っていくと安心です。

 

まとめ

実体験からいろいろと提案させていただきました。

あなたにとって本当に必要なもの、不要なものというのは、

実際に現地に行ってみてわかることの方が多いです。

たくさん持っていくことはいいことですよ。

必要なければ帰りに捨ててくればいいだけですからね。

それでは楽しい海外旅行になりますように♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ