冬の紫外線に日焼け止めは必要?目や髪への対策は?強い時間帯は?

sun-687707_640

紫外線対策をしっかりとしているかどうかで10年後、20年後の

肌の状態が全然変わってくると言われています。

冬場は夏ほど日差しが強くありませんが、外出する際には

日焼け止めが必要なのでしょうか?目や髪への紫外線対策は?

また、一日の中で最も紫外線が強くなる時間帯について説明していきます。

スポンサードリンク

冬の紫外線に日焼け止めは必要?

冬でも太陽から紫外線が降り注いできていて、私たちの体に

影響を受けるというのは、もはや常識になりつつあります。

もちろん、夏ほどの強さではないですが、皮膚はダメージを受けています。

少しずつの弱いダメージでも「ちりも積もれば山となる」で、

時間がたてば大ダメージになることも考えられます。

 

さらに考慮しなければならないのが、冬場の「乾燥」です。

乾燥することで皮膚の水分量が減っていくと、紫外線を

防ぐことができなくなり、まともに影響を受けやすくなってしまいます、

 

また、紫外線は空からだけではなく、地面や建物、

あらゆる物質に衝突して反射して飛んできます。

冬場は地面が雪で白く覆われていますよね?

実は雪による紫外線の反射率は80%にも達します。

アスファルトの反射率が10%だということを考えると、

夏と同じくらいの量の紫外線を受けているのかもしれません。

 

紫外線は、浴びた分だけ皮膚に蓄積されていき、

やがてシミ、ニキビ、肌の老化の原因になっていくので、

冬場でもしっかりとした紫外線対策が必要です。

関連記事紫外線対策の帽子で効果があるのはコレだ!正しい選び方を解説!

 

外出する際は、夏場と同じように

日焼け止めクリームを塗ることをおすすめします。

SPFはそれほど高くなくて大丈夫です。SPF18程度も十分でしょう。

 

結論を言えば、お肌のことを考えると、夏でも冬でも

一年中を通して日焼け止めが必要ということになります。

スポンサードリンク

冬の紫外線から目を守るには?

紫外線は肌だけじゃなく、目からも入り込んできて、

体を日焼けさせてしまいます。

ですので、目もしっかりと紫外線対策をすることが必要です。

 

そこでおすすめしたいのがUV対策付きのサングラス

これで目が太陽から紫外線攻撃を受けるのを防げます。

ただ、通常タイプのサングラスだと、レンズとフレームの間に

隙間ができていて、そこから乱反射した紫外線が入ってきます。

ですので、完全に紫外線を防ぐためには、

隙間のないゴーグルタイプのものがいいでしょう。

 

ゴーグルタイプはサングラスのように色付きじゃなく、透明なものもありますし、

眼鏡の上からかけることが可能なものもあります。

さらには、花粉症対策と兼用で使えるタイプもありますので、

試してみてはいかがでしょうか?

冬の紫外線から髪を守るには?

皮膚や目に加えて、髪の毛も紫外線からダメージを受けています。

症状としては枝毛、切れ毛、色あせなどがあります。

紫外線はなかなかやっかいな性質があり、髪の毛の内部の

たんぱく質やメラニンを分解してしまうのです。

 

その対策には

  • UVカット系スタイリング剤
  • UVカット系トリートメント

を使うことをお勧めします。

紫外線から髪を守りながらも、つやつやでキューティクルな髪を

維持することができます。

合わせて、帽子、日傘を使えば髪の紫外線対策はばっちりでしょう。

 

冬の紫外線が強い時間は?

一日のうちで最も紫外線が強いのは

午前10時から午後2時の間です。

この4時間に、1日に地上に降り注ぐ紫外線の50%以上

集中していると言われています。

 

つまり、この時間帯に外出する場合は、

しっかりとした紫外線対策が必要というわけです。

逆に朝方や夕方は紫外線量は低くなっています。

 

まとめ

紫外線は一年中降り注いでいます。

その強さは夏と冬で違うけれど、対策をしておくに越したことはありません。

こまめに紫外線対策をしていくことで、10年後が変わってくるからです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ