日焼け止めはノンケミカルでも効果がある?敏感肌に優しいものを紹介!

girl-961689_640

「前に塗ったSPF50の日焼け止めで痒くなっちゃって・・・」

「肌が弱いから、低刺激のものを使いたい・・・」

わかります。

ノンケミカルの日焼け止めってご存知?

「でも、効果弱いんじゃないの?」

ノンケミカルの日焼け止めの効果がどれほどあるのか、

また、敏感肌に優しい日焼け止めも紹介します。

スポンサードリンク

日焼け止めはノンケミカルでも効果はある?

日焼け止めはケミカルノンケミカルの2種類があり、

ノンケミカルの方が肌への負担が少ないと言われています。

ですが、その分、ケミカル製の物よりはSPFの値が低くなり、

紫外線を防ぐ力が弱いのでは?ともいわれています。

 

この二つの違いを簡単に説明しますと、

ケミカルの日焼け止めは、紫外線を吸収し、熱に変換することで

紫外線が肌に到達するのを防いでいるのです。

これに対して、ノンケミカルの日焼け止めは紫外線散乱材を

使用していますので、紫外線を吸収せずに肌の表面で反射します。

 

こう聞くと、どちらを使っても紫外線を防いでくれそうな気がしません?

確かにどちらも防いでくれるんですが、ケミカルとノンケミカルは

構成している成分に大きな違いがあります。

 

成分上、ケミカルの方はSPFを高くしても、塗ったときの感触は変化しませんが、

ノンケミカルの場合SPFを高くすると、高くした分だけ白浮きしてしまうのです。

一般的に販売されているノンケミカルの日焼け止めは、

白浮きを抑えているのでSPF値が低いんです。

 

ですが、ノンケミカルは肌に浸透しないし、

化学変化も起こさないので肌に良いとされています。

肌の表面に塗ってあるだけなので、落とすときも軽く洗顔するだけで、

日焼け止めの成分は簡単に落とすことが可能ですからね。

結論
ノンケミカルの日焼け止めでも効果はありますが、 ケミカルの日焼け止めに比べると弱い、ということになります。

 

日焼け止めが必要な理由

紫外線は強さにかかわらず体に悪影響を及ぼします。

紫外線は細胞の遺伝子にダメージを与えてしまいます。

もちろん、遺伝子にも自己修復する機能があるのですが、すべてを

治せるわけではありません。治しきれなかった細胞が

皮膚がんになってしまう可能性もあるのです。

関連記事紫外線が皮膚がんの原因になるメカニズムを解説!発生率はどれくらい?

 

また、紫外線を大量に浴びることで、シミ、シワ、そばかす、たるみ

原因にもなるし、肌の老化を早めてしまうのです。

この紫外線による影響は現在は薬で治すことはできません。

ですので、紫外線を浴びないように医療専門家や美容関係の人は

日焼け止めの使用をすすめているわけです。

スポンサードリンク

日焼け止めノンケミカルで敏感肌に優しいのは?

ではノンケミカルの日焼け止めで肌に負担が少なく、

敏感肌なあなたに向いているものをご紹介します。

 

キュレルSPF30(花王)

こちらは肌に優しいうえに、汗にも強く落ちにくいのが特徴です。

さらに汗に強くしたい場合は、キュレルSPF30を塗った上に、

ベビーパウダーを塗るとよいでしょう。石鹸で簡単に落とせる上に、

テカりもしません。

フリープラス(カネボウ)

カネボウから販売されている敏感肌シリーズの日焼け止めです。

塗った感じもサラサラしていて、ベタつきがなく、痒くなることもないと

人気の商品です。ただ、洗顔料だけでは落ちにくいという話も聞きます。

 

やさしいUVカットミルク(キュベリィ)

これを開発したのは、自身が超敏感肌の方。

だからこそ、肌が弱い方の気持ちを十分に研究して作られているのです。

やさしいUVカットミルクは他のノンケミカルの日焼け止めに比べると、

白浮きしにくく、目立ちません。

SPFは25なので、夏の暑い日にはちょっと弱いかもしれませんが、

春、秋の日常生活にはちょうど良いと言えますね。

 

UVプロテクトビューティアップ(アルージェ)

日焼け止め特有の臭いもなく、さらっとした付け心地で人気の

商品です。塗ると肌が明るくなる感じもいいですね。

 

 まとめ

まとめると、日焼け止めは

  • ケミカル・・・SPFは強いが肌への刺激も強い
  • ノンケミカル・・・肌には優しいがSPFが低いし、白浮きする

となります。

敏感肌の方は、低刺激性の日焼け止めを塗り、さらに

帽子をかぶったり、長袖の服を着たりして、紫外線に当たらないように

することが不可欠ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ