関東の梅雨明けはいつ?平年のデータと2016年の予想を発表

e5e44a92678f561c0dcea425ea8cea26_s

たまの雨の日ならばいいのですが、こうも毎日

じめじめした天気が続くと気分も滅入っちゃいますよね。

今年はいつになったら関東地方の梅雨が明けるのか?

ということを過去のデータも交えながら予想していきたいと思います。

スポンサードリンク

関東の梅雨明けはいつ?

梅雨前線が関東付近から消え、曇りや雨が続く日から、

晴れた暑い天気に変わるころを「梅雨明け」と定義しています。

 

まず梅雨前線とは?ということを先に簡単に説明します。

梅雨前線
前線とは南から来る暖かい空気と北から来る冷たい空気がぶつかる場所にできる線のことを言います。 梅雨の時期に出来る前線の一つで、日本上空に長期間滞在するものを梅雨前線と呼んでいます。

 

この梅雨前線を、日本の上から追い出してくれるのが太平洋高気圧です。

  • 太平洋高気圧が強い年は梅雨明けが早くなり、
  • 太平洋高気圧が弱い年は梅雨明けが遅くなります。

 

今年はどっちなの?というと、太平洋高気圧は関東付近では

弱いだろう、と予想されています。

今年の関東地方の梅雨明けはいつころになるのでしょうか?

平年のデータから見ていきましょう。

 

関東の梅雨明けの平年のデータを公開

65年分の関東地方の梅雨明け日のデータを見てみましょう。

1951年 7月18日ころ
1952年 7月16日ころ
1953年 7月24日ころ
1954年 7月25日ころ
1955年 7月9日ころ
1956年 7月26日ころ
1957年 7月28日ころ
1958年 7月3日ころ
1959年 7月6日ころ
1960年 7月18日ころ
1961年 7月3日ころ
1962年 7月12日ころ
1963年 7月24日ころ
1964年 7月9日ころ
1965年 7月27日ころ
1966年 7月19日ころ
1967年 7月9日ころ
1968年 7月19日ころ
1969年 7月14日ころ
1970年 7月20日ころ
1971年 7月29日ころ
1972年 7月19日ころ
1973年 7月5日ころ
1974年 7月25日ころ
1975年 7月15日ころ
1976年 7月12日ころ
1977年 7月21日ころ
1978年 7月4日ころ
1979年 7月24日ころ
1980年 7月21日ころ
1981年 7月28日ころ
1982年 7月4日ころ
1983年 7月26日ころ
1984年 7月22日ころ
1985年 7月15日ころ
1986年 7月27日ころ
1987年 7月13日ころ
1988年 7月31日ころ
1989年 7月19日ころ
1990年 7月18日ころ
1991年 7月23日ころ
1992年 7月19日ころ
1993年   -
1994年 7月12日ころ
1995年 7月23日ころ
1996年 7月11日ころ
1997年 7月19日ころ
1998年 8月2日ころ
1999年 7月23日ころ
2000年 7月16日ころ
2001年 7月1日ころ
2002年 7月20日ころ
2003年 8月2日ころ
2004年 7月13日ころ
2005年 7月18日ころ
2006年 7月30日ころ
2007年 8月1日ころ
2008年 7月19日ころ
2009年 7月14日ころ
2010年 7月17日ころ
2011年 7月9日ころ
2012年 7月29日ころ
2013年 7月6日ころ
2014年 7月21日ころ
2015年 7月9日ころ

はい、ちょっと長めのデータですみません。

過去のデータを見ていると、

「梅雨明けは年々早くなってきているんじゃないか?」と思いません?

これは地球温暖化が少なからず影響していると考えられます。

 

温暖化により海水の温度が上昇。

その結果、赤道付近での積乱雲が発生し、高気圧を形成。

高気圧はチベット付近まで北上していき、さらに大きく成長していくと、

日本の上空にまではみ出してきます。

はみ出してきたチベット高気圧は、日本の南側から北上してくる

太平洋高気圧と合体し、強力な高気圧に変化。

その結果、日本では晴れた日が多くなり、気温も高く、

梅雨が明けるのが早くなっていくのです。

 

ちなみにどうして2003年度の部分が「-」になっているのかというと、

日本から梅雨前線が無くなることを確認できなかったからなんです。

梅雨前線が無くならないうちに、立秋を迎えてしまったため、

梅雨明け宣言は行われませんでた。

スポンサードリンク

関東の梅雨明けの2016年度の予想は?

それでは、2016年度はいつ梅雨明けするのかということを予想します。

気象予報士によると、2016年度は昨年度よりも全体的に

暖かくなると言われています。

 

ということは、太平洋高気圧が強くなり、晴れた日が増える確率が

高くなることを意味していますが、今年の太平洋高気圧は偏西風の

影響により、関東付近まで北上することができないようです。

 

つまり、南の方の沖縄方面は晴れた日が多くなるのですが、

関東は曇った日が多いと予想されています。ですので、

梅雨明けは例年よりも少し遅くなるのではないかと思われます。

 

昨年度が7月9日ころということから考えると、

2016年度の関東地方の梅雨明けは

7月16日ころと予想されます。

 

まとめ

関東地方での梅雨明けの時期は、過去のデータと、

今年の天気予報から合わせて考えてみると、

7月16日ころと予想してみました。

―データ出典:気象庁―

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ