新千歳空港から小樽までの行き方。快速エアポートの料金や所要時間を解説

hokkaido-639413_640

北海道の観光名所の1,2位を争う場所「小樽」

海産物、お寿司、スイーツといったおいしい食べ物に
加えて、ガラス細工、運河、歴史ある建物など、
まさに「ザ・観光名所」です。

新千歳空港から小樽までの行き方と
快速エアポートの時刻表や所要時間、料金も解説します。

スポンサードリンク

新千歳空港から小樽までの行き方

新千歳空港から小樽までのアクセス方法は
大きく3パターンです。車でも行けますし、
バスでも行けますし、JRでも行けます。

それぞれについて説明します。

関連記事新千歳空港のお土産屋の営業時間は何時から?スイーツ店も合わせてチェック

車で行く場合

新千歳空港から高速に乗って、小樽まで約80分です。
高速料金は2,050円かかります。

レンタカーで行く場合は、
こちらからレンタカー会社をチェックできます。

新千歳空港レンタカーのご案内

バスで行く場合

新千歳空港から小樽までの直行バスは出ていません。
まず、札幌までバスで行き、乗り換えて
小樽行きのバスに乗ることになります。

新千歳空港から札幌までは約80分で料金が1,030円
札幌から小樽までは約60分で料金が620円

乗り換えの時間も含めると、合計2時間40分です。
バスで行くと時間がかなりかかってしまいます。

JRで行く場合

新千歳空港から小樽までJR(快速エアポート)
なら直行で行けます。

所要時間は約75分で、料金は1,780円です。
ぶっちゃけ、JRが一番のおすすめです。

快速エアポートは地下から発車しているので、
エスカレーターかエレベーターで地下に降りて行きます。

新千歳空港は始点なので、どちらに乗っても札幌方面に行きますが、
小樽行きと札幌止まりがありますので、行先を確認しましょう。

空港に到着してからJR乗り場までの動画はこちらです↓


以上の3つの方法を比較してみると、
圧倒的におすすめなのがJRです。

時間も早いし、料金も安いし、乗り換えもありませんし、
遅れることもありません。

北海道は冬になり、雪が降ると道路は凍って
アイスバーン状態になり、車やバスはかなり遅れます。

JRは冬でも遅れることがほとんど無いので
安心という点でも、おすすめです。

ちなみに、僕が行くのであれば100%JRに乗ります。

関連記事新千歳空港から富良野のアクセス方法を電車、バス、車ごとに解説

スポンサードリンク

新千歳空港から小樽までの快速エアポート 時刻表やUシートについてチェック!

先ほども説明しましたが、快速エアポートの
所要時間は約75分で、料金が1,780円です。

快速エアポートは新千歳空港からは15分毎に
発車していますが、そのうちの半分は札幌までしか
行かないので注意してください。

小樽行は30分ごとの発車となっています。
行き先が「小樽」となっているエアポートに乗車しましょう。

時刻表はとても覚えやすいので、紹介します。

  • 8:00
  • 8:30
  • 9:00
  • 9:30

以下もず~っと同じように続きます。

とても区切りのいい時間帯に発車しますので、
覚えておくと便利ですね。

快速エアポートは時間帯によってとても混雑し、
自由席だと座れないこともあります。

快速エアポートは指定席と自由席に別れていて、
座席指定をしたい場合はUシートを購入すればOKです。
Uシート料金は新千歳空港から小樽間は一律で520円です。

それにUシートには大型のスーツケースや荷物を
置くことができる場所も確保されているため、座席スペースを
広々と使えるのも嬉しいところです。

途中で必ず経由する札幌駅で多くの人が降りるので、
そこから小樽までは座ることができると思いますが、
札幌まで立つのが大変だなと感じるならUシートをお勧めします。

Uシートの買い方を紹介

Uシートは新千歳空港の自動券売機で購入することができます。
画面の右下の方にある「Uシート指定席」ボタンをタッチして
購入してください。

最後に

新千歳空港から小樽に行くなら快速エアポートが
絶対的におすすめです。

発車時刻は8時、8時30分、9時、9時30分と
30分刻みで発車しています。

所要時間は約75分で料金は1,780円です。
大きい荷物がある場合や、座席に座りたい場合は
指定席であるUシート(520円)を購入しましょう。

※北海道に関する記事はこちらにまとめてあります。
北海道 北海道に関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ