カビが生える条件と生える理由。防ぐ方法は何があるか紹介します!

a0002_010498

カビ・・・名前を聞いただけで、

眉をしかめたくなるくらい、僕は嫌いです。

嫌いなんだけど、いつのまにか生えてる。

お風呂、キッチン、部屋の隅・・

カビの生える条件ってなんなんだ?なぜ生えるのか理由を知りたい!

なんとか防ぐ方法はないのか?ということをわかりやすく解説していきますね。

スポンサードリンク

カビが生える条件は?

まず、カビは「生き物」です。

菌類の一種です。

生えたものを劣化させたり、腐敗させたりし、悪臭を放ち、

食中毒やアレルギーの原因ともなります。

 

こう書くと悪いことだらけのように見えますが、良い働きもあります。

実はカビがないと作れない食べ物もあるんです。

ブルーチーズ、鰹節、日本酒、醤油などはカビ菌の一種を培養させて作ります。

 

では、一般家庭でカビが生えてくる条件とは何でしょう?

カビが生えるのに必要な条件は以下の3つ。

  • 温度
  • 湿度
  • 栄養分

これら3条件がそろうとカビは発生します。

それぞれをもうちょっと詳しく見ていきましょう。

 

カビが発生する温度は?

カビが発生しやすいのは気温が20度~30度の間です。

暖かい季節に多く発生しやすいんですね。

梅雨の時期に発生するわけです。

 

カビが発生する湿度は?

湿度が高ければ高いほどカビは生えやすくなります。目安としては80%です。

なので、湿度が100%近いお風呂場はカビにとって住みやすい天国のような場所です。

 

カビの栄養分とは?

カビも生きているので、栄養を摂取する必要があります。

石鹸のカス、ホコリ、汚れ、接着剤などを栄養とします。

なんかすごいもの食べてますよね、カビってやつは・・・

スポンサードリンク

 

カビが生える理由は?

では、なんでカビってはえるのか?ですよね。169205

「この世にいらないじゃん」と思う人もいるでしょう。

でも、最初に書いたようにカビは「生き物」なんです。

イメージとしては、植物と同じと考えるとよいでしょう。

 

例えば、タンポポは咲いた後、種子を風に乗って飛ばしますよね。

なんのため?っていうと「種の保存」のためです。

どんな生き物でも、自分の種を絶滅させないように

あの手この手で種を繁栄させようと考えているのです。

 

カビも同じ。

小さくて目には見えないけど、タンポポの種のように、

カビの胞子は空中を飛んでいます。

そして、居心地の良い場所を見つけて、そこに腰を下ろします。

 

それがあなたの家のお風呂場だったり、キッチンだったりするんですね。

カビ君「お、ここは住みやすそうだな~。ここに生えてみるか」

たぶん、こんな思考だと思われます。

 

そして自分の種を増やしていくわけです。

生き物ということは、当然、死ぬこともあるし、増えることもあります。

カビは種の保存が目的で生える

 

カビを防ぐ方法は?

では、そんなカビを生える前に防ぐにはどうすればいいのでしょう?プリント

僕はカビが嫌いなので、なんとしても

生えてきて欲しくないです(笑)

たまたま、住んでいる家は湿度がかなり低いため、

部屋内にはカビは生えていませんが、

やっぱりお風呂場はやられています。

 

では、カビの生える条件をもう一度思い出してみると、

  • 温度
  • 湿度
  • 栄養分

でしたね。

 

なので、これらを取り除けばいいのです。

お風呂場の場合、出た後に浴室内の温度を下げるために、

冷水にしたシャワーを全体にかけます。

これで温度を下げられましたし、壁についた汚れも落ちます。

 

次は湿度を取り除くために、水滴をふき取りましょう。

そして換気扇は回しっぱなしにします。

ちょっと手間がかかりますが、これでカビの発生を防ぐことができます。

 

部屋の場合は、とにかく湿気をなくすことが大事です。

除湿器を稼働させ、換気をして、湿度を50%程度にまで下げられれば大丈夫です。

その時にサーキュレーターを一緒に使うと、部屋の空気が

均等にかきまぜられるので、湿度の偏りがなくなります。

 

「除湿器」+「サーキュレーター」の組み合わせがカビ防止には適しています。

この組み合わせは洗濯物の室内干しにも効果的ですよ。

グリーンファン サーキュ サーキュレーター バルミューダ 扇風機 GreenFan Cirq 2015 [EGF-3200…

 

まとめ

カビとの戦いは昔から続いています。

果たして人類は勝っているのか?負けているのか?

日々、試行錯誤と努力が続きますね。

一度カビが生えると、掃除が大変なので、生えないように対策ができればいいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ