ペットボトル加湿器のメリットとデメリット。超音波式とスチーム式の違いは?

083572

乾燥は静電気を引き起こしたり、のどをガラガラに

して風邪をひく原因にもなります。

生活にはある程度の湿度が必要なのです。

今回はちょっとしたところで使える「ペットボトル加湿器」

メリットデメリットと、超音波式とスチーム式の違い

を紹介していきます。

スポンサードリンク

ペットボトル加湿器のメリットは?

ペットボトル加湿器は名前の通り、

ペットボトルを差し込んで使うコンパクトな加湿器です。

USB対応しているものはパソコンにつないで使用することができます。

使用するペットボトルは基本的に500mlなので、

コンパクトで、自分のオフィス周りを潤すにはちょうど良い大きさですね。

 

500mlのペットボトルで使用できる時間は約3時間。

ペットボトル加湿器のメリットは

  • ペットボトルを取り換えるので、タンク内が汚れて雑菌がたまることがない
  • 普通の加湿器にに比べて価格が2000円以内と安い
  • 小さいから持ち運びに便利

という点があげられます。

 

やはり、コンパクトというのが売りなので、

狭い範囲で短時間加湿するのに適していますね。

例えば、会社のデスクとか、寝室の枕元などです。

関連記事飛行機の機内での乾燥対策を紹介!のどや肌を守るために必要な事は?

 

ペットボトル加湿器のデメリットは?

では次にペットボトル加湿器のデメリットを紹介していきます。

  • 水の容量が少ないので、寝ている間など長時間使用できない
  • コンパクトなため、部屋全体を加湿できない
  • 縦長なので、転倒する危険性がある
  • 電気回路がシンプルなため、故障しやすい

などがあげられます。

 

500mlのペットボトルを使用しているので、どうしても

長時間使えない、という欠点はありますね。

ですので、使用するときにはペットボトルを

2本用意しておくとよいでしょう。

 

転倒しやすい、というのも子供がいる場合には要注意です。

転倒した加湿器で火傷をしてしまった、という話もあります。

ですので、使用する際は本棚に挟むとか、左右からバランスを

取れるようにうまく支えることをお勧めします。

 

スポンサードリンク

超音波式とスチーム式の違いは?

ペットボトル加湿器は大きく2つに分けられます。

  • 超音波式
  • スチーム式

です。それぞれの違いを紹介していきましょう。

 

超音波式加湿器の仕組み

超音波式の加湿器は、水を細かく分解して空中に散布しています。041445

イメージとしては「霧吹き」を想像してみてください。

細かい水の粒が噴射されますよね?

 

メリットとしては消費電力が低い小型であるなどがあげられます。

デメリットは、水をそのまま噴射しているため、水の中に含まれている

カルキやカルシウムが部屋の中に散布されてしまうという点です。

綺麗な水を使えば大丈夫ですが、水道水などの場合、含まれている

カルキやカルシウムが窓やテレビに付着し、白く汚れてしまいます。

 

スチーム式加湿器の仕組み

スチーム式加湿器は「電気ポット」をイメージしてください。133616

沸騰した電気ポットのふたを開けているのと同じです。

実際にこれで加湿器の代用もできます^^;

 

メリットは衛生的である、という点です。

水に含まれているばい菌は沸騰して煮沸消毒されて、

ほとんどが死滅しています。

 

デメリットは電気代が高い、熱を使っているので

子供がひっくり返したりすると危ない、掃除をしなければならないなどです。

 

まとめ

ペットボトル加湿器は安くて小回りが利く分、

ちょっとした場面で使うのに適しています。

家の大きな部屋を潤したい場合は、しっかりとした

大型の加湿器を購入することをお勧めします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ