潮干狩りに必要な道具の名前一覧。レンタルできる?100均で揃えられる?

c2b6d1f1b372e6434c2e06aab255964a_s

潮干狩りには様々な道具が必要です。

道具の名前一覧と使い方を説明していきます。

また、潮干狩りに行った場所でレンタルできるのか?

100均で購入することができるのか?

ということについて説明していきますね。

スポンサードリンク

潮干狩りに必要な道具の名前一覧

潮干狩りに持っていくのに必要な道具の名前と、

その使い方を説明していきます。

 

まず前半は、

「これだけは忘れずに必ず持っていけば潮干狩りできるよ」って

道具を紹介し、後半は

「さらにこういうものもあれば便利かも」

という道具を紹介していきますね。

関連記事あさりの砂抜き方法で簡単なのは?時間は?開かないものは食べられる?

 

潮干狩りにこれだけ持っていけばなんとかなる!?

最低限、これだけ持っていけば潮干狩りは可能です。

軽い気持ちで楽しみたい場合、こちらで十分ですね。

 

熊手

砂を掘るための道具です。209297

棒の先に曲がった金属が5,6本ついていて

砂の中にいる貝を掘り出しやすい形をしています。

熊の手のように見えるからこの名が付きました。

 

バケツ

とった貝を入れておくための容器です。209155

潮干狩りではたくさんの貝が取れるので、

バケツを用意していきましょう。

 

濡れてもいい運動靴又は足に固定できるサンダル

「潮干狩りはビーチサンダルがいい」と143547

思われがちですが、実はビーチサンダルは

海に入ると、非常に脱げやすいんですよね。

 

砂浜は貝殻や、ガラス、小石などが落ちているため、

はだしだと踏んでしまうと、切ってしまう恐れがあります。

ですので、脱げない靴が必要です。

運動靴や足に固定できるサンダルを用意しましょう。

 

軍手

素手で直接貝を触ると、切って203795

ケガをしてしまうかもしれません。

軍手をつけていればけが防止になります。

 

潮干狩りにあったら役立つ+α道具

続いて「もっと本格的に潮干狩りを楽しみたい!」

という場合は、以下の道具がおすすめです。

 

日焼け止めグッズ

海の水面に当たった太陽の光の照り返しはすごいです。

腕、顔、首の後ろなどの露出している部分には,

しっかりと日焼け止めを塗りましょう。

また、帽子サングラスも用意しておくといいですね。

 

スポンサードリンク
虫よけスプレー

意外かもしれませんが、海にはが多くいます。

長時間外にいると蚊に刺されることもあるので、持っていきましょう。

 

シート

海に入るときには、靴も靴下を脱ぎます

砂浜を歩いたあとは足の指や爪は砂まみれ状態。

そんな時、シートがあると腰を下ろして砂を落とすことができます。

 

携帯用のいす

長時間しゃがんでいると、ひざ結構な負担がかかります。

それを回避するためにもいすは必要です。

 

消毒薬とばんそうこう

もし、切ってケガをしてしまった場合は、

すぐに消毒して、応急処置をしましょう。

 

大きめのビニール袋

濡れた服や道具を入れるために必要です。

 

空のペットボトル

貝は砂の中に住んでいるため、体の中に砂を含んでいます

食べるためには、砂を吐き出させないといけません。

そのためには海水が必要

海水を入れて持って帰るための容器です。

 

小さいスコップ

穴を掘るのに便利です。

熊手と合わせて使えば、効率アップします。

 

クーラーボックス

とった貝を入れておきます。

また、椅子の代わりにすることもできます。

 

タオル

海に入った後はビショビショに濡れているので、

拭くためのタオルがあれば非常に便利です。

手ぬぐい程度の小さなものと、バスタオルサイズの大きなもの

用意していくとよいでしょう。

 

潮干狩りの道具はレンタルできるの?

潮干狩りができる砂浜には「管理棟」があります。

そこで潮干狩り用品がレンタルできます

 

レンタルできるのは「熊手」です。

熊手があれば潮干狩りはできますね。

 

それ以外の道具は(例えば)バケツなどは購入することになります。

すべての潮干狩りができる砂浜でレンタルができるとは限りませんので、

事前に確認することをお勧めします。

 

潮干狩りの道具は100均で全部買える?

はい、ほとんどのものが100円ショップで購入することができます。

現地で買うと、結構高いですので、

安くて便利な100均で買い揃えていくのがベストです。

 

まとめ

潮干狩りで必要な道具の名前一覧でした。

事前に忘れ物のないように、準備万端にして、

潮干狩りを思い切り楽しんでくださいね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ