機と器の違いはコレ!意味や使い分けの方法を解説します。

「機械」「器械」

あれ?どっちの「き」が正しいんだろう?どっちでも良さそうな気もするけど、ちゃんと違いがあって使い分けしているのだろうか?

日常生活でふとした疑問が沸き起こることがありますよね。

実は「機」と「器」にはちゃんとした意味の使い分けがあるんですよ。

この記事では違いや意味、使い分けについてわかりやすく解説していきます。

スポンサードリンク

機と器の違いはコレ!意味や使い分けの方法を解説します。

まず意味から説明していきましょう。

「機」という字を見て何を連想しますか?機械的なものを考えますよね。

なんかこう、エンジンやモーターがあってグルグル回ったり動きそうなイメージがありませんか?

はい、実はその通りなんです。

「機」の意味は

自分で動くことができて、仕事をすることができる物のこと

例えば「洗濯機」もそうですよね。電源を入れたら、自分で動いて洗濯という仕事をこなすことができます。

辞書を見ると、このようにも書いてあります。

自分の意思を失ったかのように、命令通りに動くこと

あぁ、これぞマシーンという気がしますよね。良く映画に出てくる「○○マシーン」とかはまさにこれに当てはまります。

日本語にすると「○○機械」となるわけですね。

さて、それでは「器」を見ていきましょう。

「器」という字を見て何を連想しますか?なんとなくですが、容器を連想しませんか?物を入れることができそうな物。

スポンサードリンク

はい、実はそうなんです。器は

自分で動くことができず、仕事をしないもの

のことを言います。

例えば、食器ですね。料理を入れることができるけれども、自分で動くことはできません。

では、実際にどのようなものに「機」と「器」が使われているのか見てみましょう。

機が使われている物
掃除機・扇風機・洗濯機・複写機・食器洗浄機・布団乾燥機・電話機
器が使われている物
炊飯器・電磁調理器・充電器

これを見てみると、電化製品でも様々ですよね。

炊飯器は電源を入れると、自分で動いて仕事をするのですが「器」になっています。考えられるのは元々はお米を入れる「容器」だったから、ということです。

まぁ、実際に使われているものから考察するに、機が付くのは「回転する何か」が付いている場合と考えるとわかりやすいでしょう。

  • 掃除機・・・モーターが回転してゴミを吸い取る
  • 扇風機・・・プロペラが回転して風を出す
  • 洗濯機・・・回転して服の汚れを落とす
  • 複写機・・・回転して紙を出し入れする

対して、

  • 炊飯器・・・熱でお米を炊くけど回転しない
  • 電磁調理器・・・電気で熱を出すけど回転しない
  • 充電器・・・電気を流すけど回転しない

となっています。

いろいろと調べてみましたが、同じ商品でも「機」だったり「器」だたったりすることがあります。つまり現在はそれほど厳密に使い分けはされていないと言えます。

最後に

「機」と「器」の違いを解説させていただきました。

  • 機は回転する動力が付いていて、自分で仕事をするもの
  • 器は回転するものが無く、自分で仕事ができないもの

となります。これでバッチリですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ