胃薬の副作用で眠気の対処法。胃痛時の薬の選び方やおすすめを紹介します


胃の調子が悪い時に飲む胃薬。

飲めば治るんですが、眠くなるという副作用が起こります。

眠気を解消しないと仕事に支障が出るし、思わぬミスをする危険も出てくる。

その原因や胃薬の選び方をわかりやすく解説します。

この記事では、

  • 胃薬の副作用で眠気が起きる原因と対処法
  • 胃痛時の胃薬の選び方を紹介
  • 胃薬で胃痛時におすすめなのはコレ!

について解説していきます。

スポンサードリンク

胃薬の副作用で眠気が起きる原因と対処法

市販されている白い錠剤の薬、いわゆる西洋の薬は効果は強いのですが副作用が起こりやすいのが特徴です。

副作用の種類は個人によって異なりますが「眠気」には多くの人が悩んでいます。

胃薬の副作用で眠気が起こる原因はヒスタミン

西洋の薬を飲むと眠気が起こる原因は、

「ヒスタミンの働きを抑えてしまう」からです。

胃液のコントロールをしているのはヒスタミンと言う物質です。

胃薬はヒスタミンの分泌を制御して胃痛を治す働きがあります。

ところが、ヒスタミンは他にも「眠気を覚ます」という仕事をしているんですよね。

胃薬によりヒスタミンの働きが抑えられると、眠気を覚ますことができなくなり、眠くなってくるのです。

胃薬の副作用による眠気の対処法は?

残念ながら、薬の副作用による眠気の対処法はありません。

強いてあるとすれば「薬を飲まないで我慢する」という本末転倒な方法と、今以上強い眠気に襲われないように飲み合わせに気を付ける方法くらいです。

薬を飲まないというのは話にならないのでパスします。

薬の飲み合わせが悪いとさらに眠気が強まってしまうことがあるので注意しましょう。

普段から飲んでいる薬がある場合は、出来るだけ一緒に飲まないようにすることです。

飲み合わせを知るためにはお薬手帳を持ち歩くとよいです。

薬を処方されたときに薬剤師にお薬手帳を見せて、飲み合わせが悪い薬かどうかを聞いてみてください。

胃痛時の胃薬の選び方を紹介

胃痛に悩んでいる人の多くは即効性のある西洋の薬に頼ってばかりいます。

西洋の薬は効果は強いのですが、一時的な効果なので痛くなるたびに飲む必要があります。

副作用もあるため、飲み続けることで体に負担が少しずつ溜まっていくというデメリットも。

つまり根本的な解決にはならないのです。

本当に胃痛を解消したいのであれば体質を改善する必要があります。

なぜなら体質が改善されれば、胃痛自体起きることが少なるなるからです。

体質を改善できるのは漢方薬しかありません。

西洋の薬が人工的に作り出されたものに対して、漢方薬は自然界に存在する生薬で作られているため副作用がほとんど起きないのが特徴です。

漢方薬は効果が出るのに時間がかかるものが多いけれど(即効性がある物もある)副作用が無く、さらに予防効果が期待できます。

漢方薬を飲みつづけることで、体質が改善されていき胃痛が起こりにくくなるのです。

副作用の眠気が出ない胃薬を選ぶなら漢方をおすすめします。

胃薬で胃痛時におすすめなのはコレ!

僕がこれまで見てきた胃薬の31商品のうち「即効性を感じる」+「副作用の眠気がない」のはイツラックという商品だけです↓


>>イツラック公式サイトはこちら

漢方は効くまで時間がかかるイメージがありますが、飲んだ経験から言うとイツラックは効き目が早いです。

しかも、全然眠くなりません。

実際に僕は飲んでいるので詳しくこちらで効果や口コミをレビューしています。ぜひ読んでみてください。

関連記事>>イツラックの効果は?口コミや副作用、飲み合わせを実体験をもとにレビュー!

まとめ

西洋の薬は効き目が強い分、どうしても副作用が起こってしまいます。

「今すぐに胃の痛みを治したい!」という場合には使ってもいいと思いますが、体への負担もあるので、できれば副作用の少ない漢方をおすすめします。

漢方のメリットは「副作用が無い」「体質改善できる」「予防効果が期待できる」などが挙げられます。

眠くならない胃薬は漢方(イツラック)がおすすめです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ