犬の病気は遺伝する?DNA検査で予防と対策を!

愛犬には長生きしてほしいです。

そのためには病気やケガをしないことが一番。

ケガは気をつければ防ぐことができますが、病気はそうはいきません。

犬の病気には遺伝性の物があり、親が持っている病気の遺伝子を引き継いで生まれてきた可能性もあるのです。

事前にどんな病気になる可能性があるのかわかれば、対処の仕方も違ってきます。

この記事では、

  • 犬の病気は遺伝するのか?
  • 犬のDNA検査で予防と対策が可能に

詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

犬の病気は遺伝するの?

結論から言うと、犬の病気は遺伝します。

犬の遺伝病は種類が非常に多く、現在わかっているだけで600種類以上。

症状としては、

  • 突然失明する
  • 白内障になる
  • ひきつけやてんかんを起こす
  • 出血が止まらない
  • 関節の形成に異常をきたす
  • 筋力の低下で歩けなくなる

などがあります。

中には生まれた時にすでに遺伝していて、肝臓障害を持って生まれてくる子も。

先天的な病気はすぐにわかるのですが、後から発症してくる後天的な病気はわかりづらいんです。

動物病院の血液検査じゃダメなの?

動物病院に行けば血液検査である程度のことはわかります。

わかるのは

  • 腎臓機能
  • 肝臓機能
  • 貧血状態
  • 感染症
  • 中性脂肪
  • 血小板の数
  • 血糖値

などで、現在の犬の健康状態しかわかりません。

「今後どのような病気にかかる可能性があるのか?」

「遺伝的な病気を持っているんじゃないか?」

ということを調べることができるのはDNA検査しかありません。

犬のDNA検査で予防と対策が可能に

犬の調子が悪くなったら動物病院に行きますよね。

不調の原因と突き止めるために、血液検査やレントゲンの検査をして検査結果から起きている症状を探して行くわけです。

事前に「この犬種はこの症状を発症しない」ということがわかれば、無駄な検査を省くことが可能になり、犬にも余計な負担をかけずに済みます。

気になる病気だけを検査し、将来的な予防や対策を効果的にできるのはDNA検査です。

DNAを調べることで遺伝性疾患がわかります。

現在、日本で犬の遺伝性疾患を調べることができるのはペットドッグハブです↓

>>遺伝性疾患遺伝子検査キット「PET DOG HAB」

現在までに2,000人を超える愛犬家が使用しています。

メディアにも多数取り上げられ「とくダネ!」「NEWS ZERO」「おはよう日本」などで注目を浴びている商品です。

調べ方は簡単で、綿棒で犬の唾液をこすり取るだけです。

綿棒は返信用封筒に入れ検査機簡に送ります。

検査は日本国内で福岡県にある動物専門遺伝子検査機関カホテクノで行っており、しっかりとした情報管理の下で約1か月をかけて解析作業を行います。

検査結果は小冊子として家に届けられ、愛犬の生まれつき持っている体の状態を知ることができます。

もし、気になる結果が出た場合は小冊子をもってかかりつけの動物病院に行けばスムーズな診療を行うことができます。

選んでできる遺伝子検査

ペットドッグハブでは、気になる遺伝性の病気だけを選んで検査することができます。

さらに、発症する病気は犬によって違うので対象犬種じゃない検査は省くことが可能。

気になる病気だけを検査することができるのです。

遺伝子検査でわかる病気

犬がどのような病気にかかる遺伝子を持っているのかを調べることができる病気をピックアップして紹介します。

進行性網膜萎縮症

網膜が萎縮したり、変形する病気で遺伝子の影響を大きく受けます。

最初に夜盲症の症状が出て、進行していくと失明する危険性もある病気です。

肥大型心筋症

心臓の筋肉が厚くなってしまう病気です。

のたうち回るように泣きさけんだり、倒れたりします。

昔飼っていた犬がそうでした。当時は何の病気かわからず、何も対処してあげることができませんでした。

コリー・アイ

遺伝性の目の病気です。

症状は個体差があり、一生を通じて症状が出ない場合もあるし失明してしまうこともあります。

検査結果は3段階で表示

DNA検査の結果は、わかりやすく3段階で表示されます。

クリア・・・安心できる結果です。両方の親から正常な遺伝子を受け継いでます。

キャリア・・・ちょっと心配な結果です。片方の親からは正常、もう片方から変異型の遺伝子を受け継いでいます。

アフェクテッド・・・一番心配です。両方の親から変異型の遺伝子を受け継いでいます。

それぞれの結果に対して、検査機関から説明やアドバイスが表記されてきます。

>>遺伝性疾患遺伝子検査キット「PET DOG HAB」

最後に

愛犬は可愛く、いつまでも一緒に過ごしたいものです。

もし遺伝的な病気の可能性があるのなら知っておきたいのが親心というものです。

心配な場合はDNA検査という方法があるので、覚えておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ