風邪にりんごは効果あるの?医者要らずって本当?栄養成分は?

apple-256263_640

風邪を引いてしまった時、りんごを食べると早く治る・・

小さいころ、親にそう聞かされましたが本当に効果があるのでしょうか?

医者要らずって言われてるけど、その由来は?

りんごの栄養成分は?解説していきますね。

スポンサードリンク

 

風邪にリンゴは効果あるの?

りんごが風邪に良いと言われているのはいくつか理由があります。

まず、風邪を引いた時に摂取しなければならないと言われているのが

「ビタミンC」ですね。

これはもう誰もが知っていることだと思います。

 

ビタミンCは白血球の働きを活性化させる力があると言われています。

白血球は風邪ウイルスと戦うものだから、活性化すれば早く風邪が治ります。

 

りんごはこのビタミンCの吸収を促進する働きがあるのです。

実験でりんごを食べることで体内のビタミンCが増加することは

確認されているようです。

 

また、りんごには体を温める効果があります。

一般的に果物は体を冷やすイメージが有りますが、りんごは

逆で体を温めてくれるんですね。

これが風邪を引いた時にりんごが良いと言われる理由の一つです。

 

更に、りんごの成分であるペクチン粘膜を保護してくれて、

リンゴ酸炎症を抑えてくれます

 

できれば、すりおろしたりんごが良いと思われます。

風邪を引いている時は胃腸も弱っているので、胃に優しい

すりおろした状態で摂取したほうがよいでしょう。

スポンサードリンク
関連記事風邪で関節痛が痛い。その原因と治す方法は? 

関連記事吐き気の原因は風邪?熱や咳の症状があるときの対処法を紹介!

 

りんごは医者要らずって本当?

「一日りんご一個で医者要らず」

これは昔から伝わるイギリスのことわざです。

 

りんごはとても美味しいですが、さすがにりんごだけの生活はできませんね。

逆に栄養失調になってしまいますので、バランスの良い食生活が必要です。

 

さて、この気になることわざですが、実際に実験で調べたチームがあります。

それはイギリスのオックスフォード大学の研究者たち。

りんごの効能がどれくらいあるのかを、一般的な薬と比較実験をしたのです。

 

気になる結果は、薬に比べてそれほど変わらない効果が得られました。

ただ、薬には副作用という面があるので、りんごの方が

より体に優しく、メリットが有る、という結論に至ったようです。

 

りんごの栄養成分は?

具体的にりんごの栄養成分はどうなっているのでしょうか?

りんごに含まれるものは、

クエン酸、リンゴ酸、カリウム、ペクチン、セルロースなどです。

 

これらの有機酸は、胃腸への負担が少なく殺菌効果を持っています。

疲労の原因である乳酸を減少させる力もあるので、

腰痛や肩こりにも効くと言われています。

さらには、コレステロールを体外へ排出し、

大腸がんを防ぐ効果もあるようです。

 

まとめ

りんごが風邪に良いとされているのは、ちゃんとした理由がありました。

昔の人はそういったことを経験的に知っていたんですね。すごいです。

でも、風邪を引かないに越したことはないので、うがい手洗いなどの

予防を日頃からしっかりしておきましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ