花粉症の症状で目のかゆみの対策法。目薬で治る?病院にいったほうがいい?

127971

花粉症で辛い目のかゆみ。

なんとかこのかゆみから解放されたい!

対策法はあるの?

市販の目薬で治る?やっぱり病院に行った方がいい?

ということについて説明していきます。

スポンサードリンク

花粉症で目のかゆみの対策法は?

花粉症による目のかゆみの対策法は主に以下の3つ。

  • 目を洗う
  • 目を冷やす
  • 目薬をさす

があります。

それぞれの方法について説明していきます。

関連記事花粉症に効く食べ物ってなに?飲み物や薬で効果のあるものを紹介!

 

花粉症の対策で目を洗う

目がかゆい時は、目玉を取り出して

ゴシゴシ洗いたくなるよね。

 

うん、その気持ちよくわかります。

ですが、実際にはそんなことは不可能なので、

とりあえず目の表面だけでも洗っておきましょう。

洗えば一時的ですがかゆみを抑えることができます。

 

目がかゆくなる原因は、目から体内に入った花粉を

排出しようとするときに生成されるかゆみ物質ヒスタミン。

このヒスタミンを花粉もろとも洗い流すのです。

 

水道水で洗う

水道の水を手のひらにためて、そこに目をつけて、

何回か瞬きをします。

シャワーを直接目に吹きかけるのはやめましょう。

角膜を傷つけてしまう恐れがあります。

 

目の洗眼薬を使う

カップを目に押し当ててパチパチするタイプの

市販されてる目の洗眼薬を使います。

ひんやり感を味わえるし、取れた目のゴミも確認できるので、

精神的にもすっきり感を味わうことができます。


 

ただ、目を洗う方法は一時的にはすっきりしますが、

長時間は持続することができませんので、

他の対策と併用することをお勧めします。

 

スポンサードリンク

花粉症の対策は目を冷やす

かゆみの原因物質であるヒスタミンは、

冷やすことで発生を抑えることができます。

目がかゆい時には、目の周辺を冷やすことで、

かゆみを抑えることができるんですね。

 

この時に便利なのが「保冷材」です。

デパートでケーキを買うとついてくる10センチ程度の

保冷剤があるでしょ?あれがよく効くんですよ。

かゆい部分に保冷剤を当てて、すーっとすっきりしてください。

 

使用した後は再び冷凍庫に入れておけば、

何度でも使用することができます。

 

花粉症の目のかゆみは目薬で治る?

市販の目薬もかゆみには効果があります。

花粉症専用のものだと、値段は普通の目薬の

倍近くしますが、高い分効果はあるようです。

 

また、目薬はそのままの状態で点眼するよりも、

冷蔵庫に入れて冷やして使用する方が

効果が上がるといわれています。

 

花粉症に効果的な目薬の差し方

目薬はただ差せばいいってものではありません。

効果を最大限に引き出さすには、

目薬をできるだけ目の中に入れておく必要があります。

入れっぱなしだと、涙と一緒に流れ落ちてしまいますからね。

 

その方法は、

  1. 点眼する
  2. 目を閉じる
  3. 目頭を押さえる(目薬が垂れないように)
  4. 1分間じっとする

この方法で点眼を行えば、目薬の効果を

最大限に引き出すことができます。

 

花粉症の目のかゆみは病院にいったほうがいい?

自分でいろいろと対策をしてもどうしてもかゆみが

解決されない場合は、病院にいきましょう。

 

実は花粉症にはいろいろな種類があって、

人それぞれ症状が違うのです。

病院で診察してもらって、検査をすることによって、

あなたが今、どのタイプの花粉症で、どんな症状が出ていて、

どういう対策、薬を処方すればよいのかがわかります。

 

病院で処方される目薬は当然ですが、

市販の目薬よりも効果が高いです。

かかるところは眼科、もしくは耳鼻科です。

 

まとめ

花粉症の目のかゆみの対策方法は、

  • 目を洗う
  • 目を冷やす
  • 目薬を使う

でした。

症状がひどい場合には、すぐに眼科にいって、最適な

治療を受けてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ