お腹のぽっこりをへこます方法を紹介。効果が出るのは呼吸法や筋トレ?

097757

下腹のぽっこりって気になりますよねぇ。

年を重ねるほど徐々に出てくるお腹。

なんとかへこましたいあなたのために、

有効な方法をたくさん紹介していきます!

スポンサードリンク

お腹をへこます方法一覧

お腹がポッコリと出てくる原因は二つあります。

  • 食べ過ぎて脂肪がついている
  • 腹筋が弱く、内臓が落ちてはみ出してきている

食べ過ぎの場合は、食生活の改善と運動で対処します。

腹筋が弱い場合は、トレーニングをして筋肉をつける必要があります。

 

自分のお腹がどちらのタイプなのか?を見極めて、

それに合った方法を選んでくださいね。

関連記事食べ過ぎても運動すれば太らない?カロリー消費が多い運動は?

関連記事プチ断食を1日だけで効果を出すには?飲み物と回復食の摂り方をチェック!

 

お腹をへこますには呼吸法で

まずは仰向けで寝た状態になり、yoga03

息を大きく吸います。

この時はお腹ではなく、

胸を膨らますようにしてください。

 

息を吐くときには、お腹を目いっぱいへこます。

「もう無理~っ」て思ったところからあと1センチだけ、

頑張ってへこませてください。

この1センチの違いが大きいのです。

 

一回3分ですので、毎日継続してみましょう。

これはドローインと言われている方法です。

 

ズボンのサイズを少しずつ小さくする

「あれ?ちょっと太ったかも?」って思ったとき、

普通の人はベルトの穴を緩めたり、サイズの大きい

ズボンを履きだすんですが、これが間違いの始まりです。

 

自分の体に逆行して、あえて

ベルトをきつくし小さいズボンを履くのです。

きついベルトによって、徐々にお腹は締められていきます。

 

最初は苦しいですが、我慢して履いていると、脳は体を

ズボンのサイズに合わせようとして、食べるのを我慢し始めます。

いつの間にかぽっこりおなかとサヨナラです。

 

スポンサードリンク

食生活を改善し体の中から痩せていく

腸の活動が正しくなれば、食べたものはスムーズに排出されていき、

脂肪の付きにくい体質になります。

消化に時間がかかる「肉」「脂分」を控えて、消化を促進する

「野菜」類を気づいたときに摂取する習慣をつけましょう。

 

食事制限でお腹をへこます

本格的にお腹をへこますには、食事制限をするのは欠かせません。

脂肪につながる食べ物を排除してください。

  • 甘い物(ケーキ類)を食べない
  • 脂分を摂らない
  • 寝る3時間前は何も食べない
  • 食物繊維の多いもの(野菜)を食べる
  • 水分を多めに摂る

 

腹筋で下腹を引っこませる

筋肉をつけることで、出たお腹をひっこめさせていきます。

普通の腹筋よりも下腹に効果があるやり方がこちらです。

  1. 仰向けに寝て、両足をそろえて床から45度に上げる
  2. 息を吐きながら、ゆっくり足を下ろす(床ぎりぎりまで)
  3. 息を吸いながら再び45度の高さにあげる

 

これを10回繰り返してみてください。

寒くもないのに、下腹がプルプル震えてくるはずです(笑)

これは下腹の筋肉が鍛えられている証拠なのです。

お腹の筋肉を鍛えれば、出た内臓は元の位置に戻ります。

 

インナーマッスル強化で下腹をへこます

インナーマッスルを鍛えることで、内臓が正しい位置へ

収まります。毎朝、ちょっと時間を作ってトレーニングしてみましょう。

 

姿勢をよくすることでお腹をへこます

すぐに治せるところで効果が大きいのが「姿勢」です。

まず、地面に垂直に立ちます。

顔を上げ、目線はできるだけ遠くを見るようにしましょう。

頭の位置は高くし、天井から吊るされているイメージで。

 

歩くときはこの姿勢をキープするように意識します。

姿勢がよくなると、背骨がまっすぐになり、体が引き締まってきます。

 

まとめ

気になるお腹をへこますためには一に努力、二に努力です。

楽をしてへこましたいけれども、そんなうまい話はありません。

気持ちを入れ替えて、強い意志をもって頑張りましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ