吐き気と腹痛と下痢で熱が出る原因は何?和らげるツボや方法を紹介 

a1640_000379

気持ち悪くて、吐き気がするし、お腹も痛くて、

下痢もしている。体温を測ったら熱もあった。

この原因はなんなのか、和らげるツボ方法

説明していきますね。

スポンサードリンク

吐き気と腹痛がひどく下痢で熱もある。この原因は?

突然の吐き気と下痢と熱。

自分の体に一体何が起こっているのか?

いくつか考えられる症状を説明していきます。

関連記事吐き気の原因は風邪?熱や咳の症状があるときの対処法を紹介!

 

インフルエンザ

インフルエンザにかかると、急激に高熱が出るのが特徴です。

熱は38度~39度まで上がります。

熱が出た後に、のどの痛み、鼻水、咳が出てきて、

次に体の関節痛が始まります。

発症してから治るまでには一週間程度かかります。

 

原因インフルエンザウイルスの感染

 

ノロウイルス

ノロウイルスは「吐き気が強い」のが特徴です。

激しい吐き気が襲ってきて、一日に3回も4回も吐いてしまいます。

37度~38度の熱が出ます。

非常に感染力が強く、感染者と接触したり吐しゃ物の飛散により

二次感染することがあります。

症状は2,3日で収まります。

 

原因前日の食べ物

 

スポンサードリンク

細菌性胃腸炎

細菌性胃腸炎は吐き気がしますが、ノロウイルスほど

強いものではなく、我慢できる程度の吐き気です。

熱は比較的低く、36度~37度くらいまでしかあがりません。

腹痛もおこり、下痢もしますが、それほどひどくはありません。

症状は2,3日続きます。

 

原因前日の食べ物

ちなみに、僕は賞味期限が過ぎてちょっといたんだ塩辛が原因で

細菌性胃腸炎にかかりました。

 

吐き気と腹痛と下痢を和らげるツボは?

少しでも吐き気や腹痛、下痢を和らげることができる

ツボを消化します。

 

効果のあるツボを紹介

吐き気を抑えるツボは「内関(ないかん)」といって、右腕にあります。

こちらの画像を参考にしてみてください。

内関のツボ

 

腹痛を抑えるのは「温溜(おんる)」というツボで、

右腕の手首とひじの間にあります。

急な症状に対しての効果があります。

温溜のツボ

 

下痢を止めるのは「梁丘(りょうきゅう)」といって、

膝のちょっと上の方にあります。

梁丘のツボ

 

その他の和らげる方法

お腹を温めることで痛みを和らげることができます。

貼るカイロを服の上から貼りましょう。

また、下痢が止まらない場合は、市販の整腸剤、下痢止めを服用します。

痛みがひどい場合は鎮痛剤を使用します。

そして、十分な睡眠をとって体を回復させることです。

 

まとめ

まずは、自分がどの症状にかかっているのかを見極める必要があります。

そのためには、いろいろと調べた後に症状が改善されない場合、

すぐに病院に行くことです。

病院で血液検査、尿検査、触診をしてもらうことで、正しい症状を

認識することができます。

※吐き気に関する記事はこちらにまとめています。
吐き気 吐き気に関する記事一覧まとめ 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ