新入社員の夏のボーナスはいくら?いつ貰える?出ないことってあるの?

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s

ついに初めのボーナスをもらえそうです。

ボーナスって夏にもらえるのは知ってるんだけど、

新入社員の場合、いくらもらえるの?実は結構もらえたりして・・・

ワクワク♪いつもらえるのかな?

え!?出ないこともあるの?

初めてのボーナスについてわからないことがいろいろあると思います。

疑問についてわかりやすく解説していきますよ!

スポンサードリンク

新入社員の夏のボーナスはいくら?

まず、ボーナスというものが会社にとって、どういった位置づけ

なのかということを説明していきますね。

ボーナスというのは日本語でいえば賞与のことで、給料に加えて、

一生懸命働いて成果を出したことに対してもらえるお金のことです。

基本的にボーナスは夏と冬の年2回出ることになっています。

 

で、夏のボーナスとは前年度の10月から本年度の3月までの勤務成績

よって支払われます。

勤務成績とは?
出勤する際の遅刻、早退、有給の消化、日頃の勤務態度や勤務の実績のことです。また、

・目標を定めて努力したかどうか?
・仕事の質を落とさずに効率よく処理できていたか?
・残業や無駄な時間はなかったか?
・仕事の成果は出せたか?

といったことも勤務成績に含まれています。

関連記事会社に遅刻したときの言い訳ベスト60!面白いものも紹介

 

新入社員の場合、勤務は4月からになるので、

前年度の10月から本年度の3月までの期間は仕事をしていません。

ですので、本来であればボーナスは出ない、と考えられます。

それに、新入社員の場合は、入社しても研修ばかりだし、大した仕事も

していないので、賞与という面からみるとボーナスをもらう資格はありません。

 

ですが、それでは新入社員がかわいそう、ということで会社側は

ボーナスまたは寸志という形で一定金額を支給しています。

金額は会社によって異なりますので、一概には言えませんが、

データではこのような感じになっています。

・新入社員の夏のボーナスは同期みんな一律で10万円でした。
・冬のボーナスは2か月分出ました。
・寸志ということで5万円もらいました(中堅IT企業)。
・3万円でした(高卒です)
・月給の半分ほどでした

 

金額としては正直あまり多くは無いです。

新入社員ならばしょうがない、もらえるだけもありがたい、

といったところでしょうか?

翌年度からはしっかりとボーナスをもらうことができます。

基本給×3か月分程度もらえると思います(会社によりますが)

 

また、一般的に冬のボーナスは夏のボーナスよりも高めに

設定されているので、夏が少なくても冬は多めにもらえる

可能性が高いです。楽しみに待ちながら、仕事頑張りましょう。

スポンサードリンク

ボーナスから税金や保険が引かれる?

せっかく支給されるボーナスですが、全額手に入るわけではありません。

そこから社会保険、厚生年金、雇用保険、所得税などが引かれていきます。

例えば、ボーナスが50万円だった場合、いろいろと引かれた結果、

実際に手に入ってくるのは30万円程度と考えておいた方がいいでしょう。

 

夏のボーナスはいつ貰える?

夏のボーナスがもらえる時期は6月末~7月上旬です。

一般的には大企業や公務員は早めで6月30日ころです。

対して中小企業ほど遅くなっていき、7月の1週目というところが多いです。

会社によって支給時期は異なりますので、自社の賞与規則を

読んでみたり、先輩に聞くのが確実ですね。

関連記事会社の飲み会のゲームで盛り上がるのは?景品は事前に発表しよう!

 

夏のボーナスは出ないことってあるの?

楽しみにしていた夏のボーナスが出なかったら悲しいですね・・・

ですが、この悲しい現実に陥ってしまうことも無いわけではありません。

 

先ほども書きましたが、新入社員の場合は4月に勤務しても7月までは

会社にとって大した戦力になりません。

ですので、ボーナスが出ない会社もあるのです。

 

また、会社の業績が悪くなってしまった場合は

「出したくても出せない」という残念な現実問題もあります。

ちなみに個人経営の会社の場合、ボーナスを支給しなくても法律に

触れることはありません。

ですので、経営者の気分次第で出なかったりすることもあるようです。

 

まとめ

新入社員の夏のボーナスはそれほど期待しない方がいいでしょう。

寸志ということで数万円程度が妥当と考えられます。

もらえる時期は6月末から7月上旬。

会社によっては出ないこともあります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ