乾燥肌のかゆみの原因はお風呂の入り方が悪い?保湿剤が効果的!

115608

お肌が乾燥する季節になってきましたね。

乾燥肌の人にはかゆくて辛い季節です。

かゆみの原因はお風呂の入り方にあった?

保湿剤をつけることで解消するの?ということを説明していきます。

スポンサードリンク

乾燥肌のかゆみの原因は?

空気が乾燥すると、皮膚から水分が失われていきます

するとカサカサしてきたり、白い粉をふいてきたりします。

皮膚は、ミルフィーユのように、幾つもの層が重なって構成されていて、

一番外側にある「角質層」という部分が水分を保持しています。

 

乾燥するということは、この角質層から水分が失われていくこと

水分が失われた角質層(皮膚の表面)は、通常の状態の皮膚よりも

敏感になり、ちょっとした刺激でも反応してしまいます

 

この時期は、服が擦れただけでもかゆくなることがありますよね?

かゆみの原因となるのはヒスタミンという物質です。

ヒスタミンはもともと体内にあるもので、

皮膚が刺激を受けると放出される仕組みになっています。

 

経験があると思いますが、一度「かゆい」って感じて、かいてしまうと、

どんどんかゆみが広がっていきます

かきすぎて赤くなったり、出血したり、

ヒビ割れのようになってしまうこともあります

 

このような状態になってしまった皮膚は、本来の機能である、

「外部からのバイキンから身を守る」といったことができなくなります。

すると、病気にかかりやすくなってしまうんですね。

 

ですので、かゆみの原因である「乾燥」と上手に

付き合っていくことが、一番の対策になります。

関連記事手のかさつきの原因は?ケアの仕方と治す方法を解説

関連記事ペットボトル加湿器のメリットとデメリット。超音波式とスチーム式の違いは?

 

乾燥肌のかゆみはお風呂の入り方が原因?

お風呂の入った時、タオルでゴシゴシ体を力強く洗っていませんか?

これはよくありませんよ。

汚れと一緒に、体にとって必要な皮脂も落としてしまいます

また、強力な洗浄力を持つせっけんも同様に皮脂を

落としてしまいますので控えましょう。

 

汚れを落とそうとして皮脂まで落としてしまうケースが多いです。

ですが、人間の体の皮膚には皮脂は絶対に必要なんです。

乾燥から守ってくれますからね

 

正しいお風呂の入り方は、体をゴシゴシ洗うのではなく、

洗剤を十分に泡立てて、撫でるように洗うことです。

全然「洗った感」はしないんだけど、これで十分に汚れは落ちています。

 

泡立てに使うのは100円ショップに売っているネット状のスポンジ。

網に洗剤をつけてゴシゴシ洗えばすぐにあわわわ~ってなります。

 

また、高温のお風呂に入るのも良くありません。

「お風呂は熱いのが一番!」と言って、42,3度のお風呂に入るのは

ご法度です。こちらも、体に必要な皮脂を失ってしまう原因となります。

お風呂は37~8度がちょうどよいですね。

スポンサードリンク

乾燥肌のかゆみには保湿剤を忘れずに!

では、入浴後はどういう対策をするのか?というと、

「保湿剤をつける」ことです。

保湿剤は肌の水分が逃げていくのを防いでくれます。

 

お風呂に入った後は皮膚に水分が蓄えられていますので、

この機会を逃さずに、すぐに保湿剤を塗りましょう。

 

できれば、お風呂から出て6分以内に塗るようにしてください。

早ければ早いほど効果的です。

この時間内ならば毛穴がよく開いているので、

保湿剤が皮膚に浸透して行きやすいのです。

 

ですので、つい忘れてしまわないように、

洗面所や脱衣所に保湿剤を置いておくとよいですね

 

保湿剤は、軽く皮膚がテカテカになるくらいを目安に塗ってください。

乾燥が気になる場合は、一日に何度塗っても構いません

 

まとめ

乾燥肌によるかゆみはお風呂の入り方を見直すことと、

保湿剤をこまめに使用することで解決できます。

頑張ってこの季節を乗り切っていきましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ