余った年賀状は印刷済みでも使えるの?金券ショップで交換できる?

313744

年賀状を出したけど、余ってしまった・・・
買いすぎちゃったよ。もったいないな~。

ところで余った年賀状って、印刷済みの物でも
普通にはがきとして使うことができるんだっけ?
金券ショップで現金と交換できるって話も聞いたことあるけど。

余った年賀状に関してわかりやすく解説していきます。

スポンサードリンク

余った年賀状は印刷済みでも使えるの?

結論から言えば、年賀状はお正月期間が過ぎても、
普通のはがきと同様にはがきとして使うことができます。

余った年賀状の使い道としては、懸賞用のはがきとして
使われることが良くあります。

僕の友人もよく年賀状で懸賞に応募してましたよ。
なんでも、赤色というのが目立って当選しやすいとか^^;

他の使い道として、何かの申し込みをして、返信用はがきが
必要な時にも使用することができます。

返信用だから結局自分の家に届くことになるので、
年賀状でも全然問題ありませんね。

年賀状を普通のはがきとして使用する場合は、
マナーとして年賀状の左上に書いてある
「年賀」の部分に二重線を引いて消しておきましょう。

二重線は打消しを表し、
「このはがきは年賀用ではありませんよ」
という意味合いを持たせることができます。

ただ、普通のはがきと同じように使用できるからと言って、
友人、知人にお手紙として出すときに年賀状を使うと、
「え~?なぜに年賀状で!?」

って常識知らずだと思われてしまう可能性
がありますので、やめておいた方が無難です。

関連記事年賀状の処分の仕方で便利なのはコレ!風水的にいい方法とは?

普通のはがきに交換できる?

余った年賀状を郵便局に持っていけば、
普通のはがきに交換してもらうことができます。

その際には1枚に付き手数料が5円かかります。

また、切手に交換することもできます。

スポンサードリンク

昔の年賀状でもはがきとして使えるの?

3年前の年賀状、極端に言えば10年前の年賀状でも
一般はがきとして使用することが可能です。

もし、机の引き出しの奥に眠っている過去の年賀状が
あったら使用してみるのもいいかもしれませんね。

ただ、消費税増税前に販売された50円の年賀状には
2円切手が別途必要になってきますので、ご注意ください。
(現在のはがきの価格が52円なので)

関連記事年賀状が当選したら交換期限はいつまで?場所はどこに行けばいいの?

余った年賀状は金券ショップで交換できる?

意外と知られていないんですが、余った年賀状は
金券ショップに持ち込めば買取してもらえます。

買い取り価格は時期によって異なるのですが、
高額の場合は1枚45円程度で買い取ってくれることがあります。

それだけ金券ショップに年賀状を買い求めに来る人が
多く、需要があるってことなんですね。

無地の年賀状だけじゃなく、印刷済みの年賀状でも
買い取ってくれる金券ショップもあります。

ただ、表面に氏名や住所が書いてある場合は
買取することができません。

ですので、年賀状を実際に持っていく前に、電話で
問い合わせをしておいた方がいいでしょう。

今現在手元にある年賀状がどのような状態なのか、
何枚くらいあるのか、いくらで買い取ってくれるのか、
聞いておくと安心です。

印刷済みの年賀状を換金する技とは?

印刷の状態によっては、金券ショップに持っていっても
買い取ってもらえないこともあります。

それでも何とか買い取ってほしい場合は、余った年賀状を
郵便局に持っていき、まずは切手に交換してもらいましょう。

その切手を金券ショップに持っていけば
換金してもらうことができます。

切手の換金率にはかなりの幅があり、安い時は50%、
高い時は90%まで上がります。

まとめ

余った年賀状はそのまま使用することもできるし、
普通のはがきに交換することも可能です。

また、金券ショップに行けば買取もしてくれます。
うまく有効に使ってみてくださいね。

※年賀状に関する記事はこちらにまとめています。
年賀状 年賀状に関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ