年賀状がいらない場合の断り方。例文も紹介。友達や会社にも使える!

aee3f379db2ac89163cf3fe5ba1416f2_s

年賀状は年々数が増える一方ですね。
自分から積極的にやめない限り、減ることはありません。

「出すのがだんだん、億劫になってきたからそろそろ辞めたい・・・」
「年賀状の数を減らしたい・・・」
「いらないから断りたい・・・」

そんな場合の解決方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

年賀状がいらない場合の断り方はコレ!

年賀状がいらない場合の断り方は大きく分けて、
3パターンあります。

  1. 「辞める」と年賀状に書く
  2. 転送届
  3. 受け取り拒絶

です。それぞれについてわかりやすく説明していきます。

「辞める」と年賀状に書く

これは年賀状に「今年限りで辞めます」と書く方法です。

来年度からは年賀状は出しませんので不要です、
ということを書いて出せば、貰った相手は
「もう来年からは出さなくていいんだ」と理解してくれます。

どんな文例を書けばいいの?ということについては
次章で詳しく解説していきます。

転送届を郵便局に出す

見たくない内容の年賀状があったり、直接年賀状を
受け取りたくない場合は、転送届を出せば違う家に
届けてもらうことができます。

例えば、実家に設定すれば今年の自分宛ての年賀状は
全て実家に転送されることになります。

実家の方で、あなたにとって不要な年賀状を分別して
もらい、大丈夫そうなものだけを送ってもらうようにしましょう。

手続きは日本郵政のホームページからもできますし、
近くの郵便局でも可能です。

ですが、年賀状のみの転送というのは出来ないので、
他の郵便物もすべて実家に転送されてしまいます。

ですので、年賀状の時期が終わったら、
再び届け出を出す必要があります。

スポンサードリンク

受け取り拒絶

迷惑な年賀状(郵便物)が届けられた場合、
受け取りを拒否することができます。

受け取り拒否をした年賀状は差出人の元へ返送されます。
これは相手にかなりの精神的ダメージを与えます。

実は僕、受け取り拒絶されたことがあるんですよね^^;
出した年賀状に「受け取り拒絶」と赤字で大きなスタンプを
押された年賀状を見た時、かなり衝撃的でした。

というか、この時初めて「受け取り拒絶」という
システムがあることを知りました。

原因は、前年にありました。
その人と意見が対立し、揉めたことがあったんです。

でも、相手は目上の先輩なので、とりあえず年賀状は出して
おこう、と考えて書いて出したんです。

そしたら戻ってきました。

受け取り拒絶を書かれた年賀状を見て、はっきりと悟りました。
この人には年賀状を二度と出すまい、と(笑)

実体験から、受け取り拒絶をされた場合、その人には
二度と年賀状を出す気にはなれません。

つまり、年賀状を断ることができる、というわけですね。

でも受け取り拒絶はよほど嫌いな人とか、もう二度と
関わりたくない人以外には使わない方がいいと思います。

受け取り拒絶をする方法は?

拒絶したい年賀状に「受け取り拒絶」と書き、
印鑑を押すか、自分の署名をします。

そしてポストに投函すれば完了です。

また、郵便局の窓口に拒絶したい年賀状を持って
行っても対応してくれます。

関連記事年賀状の処分の仕方で便利なのはコレ!風水的にいい方法とは?

年賀状がいらない時の断り方の例文を紹介

それでは、実際に年賀状に「来年度からはいりません」
ということを相手に伝えたい場合、どのような文章を
書けばいいのかということをいくつか例文を出して説明します。

例文1

新年を迎え、謹んで皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。
私事ですが、本年をもって年賀状を欠礼させて頂期待と存じます。
どうぞご容赦のほど、よろしくお願い申し上げます。

例文2

新年、あけましておめでとうございます。
諸般の事情により、年賀状は今年限りにさせていただきます。
どうぞご理解のほど、お願い申し上げます。

例文3

寄る年波には勝てず、年賀状を差し上げるのは本年を
持ちまして最後にさせて頂きたいと思います。

本年度も皆様のご健康をお祈り申し上げます。
長い間お付き合いいただき、ありがとうございました。

まとめ

年賀状がいらない場合の断り方を紹介しました。

一番わかりやすいのは年賀状に「今年で年賀状をやめます」
ということを相手にちゃんと伝える方法です。

それ以外には転送したり、受け取り拒絶という方法もありますので、
状況に応じて使い分けてみてください。

※年賀状に関する記事はこちらにまとめています。
年賀状 年賀状に関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ