恵方巻を食べる南南東ってどっちなの?節分に食べる理由は?

lgi01a201308020600[1]

2月3日は恵方巻を食べる日です。

2016年度は南南東を向いて食べることに決まりました!

ところで、南南東って言われても、どっちなの?

今立っているところで考えたらどっちかわかんないけど・・・

なんで南南東を向いて食べるのかその理由は?

わかりやすく説明しますね。

スポンサードリンク

恵方巻を食べる南南東ってどっちなの?

「では、みなさん、南南東を向いて食べましょう!」

でも、突然そんなこと言われても「南南東ってどっちだよ?」ですよね。

コンパス(方位磁石)を持っているならそれを見て探せば

わかるのですが、普通はなかなか持っていません。compass-152121_640

 

そんな時にはこちらのサイトを見れば

南南東がどっちなのかがすぐにわかります。

2016今年の恵方

 

まず赤枠内に自分が今立っている場所の住所を入力します

そして検索ボタンをクリック。

そうすると、方位を細かく記した半透明な方位磁針の下に

地図が出てくるのです!

 

住所は枝番まで入れることが可能で、かなり詳しい場所まで

入力することができ、ズーム機能を使えば、

本当に今自分がいる位置がはっきり表示されます。

 

これを見れば、今自分が立っている位置から

南南東がどっちなのか一発でわかりますよ

どうですか?超便利でしょう?

これで方向が苦手なあなたでも大丈夫。

問題なく南南東を向いて恵方巻を食べることができますね。

 

”注意! 最初に下 ↓ の地図をクリックしてから検索してください”

って書いてありますが、僕はクリックしなくても検索することができました。

関連記事節分の鬼の意味は?正体は誰?豆が嫌いなの?

 

スポンサードリンク

恵方巻を南南東を向いて食べる理由は?

では、どうして節分の2月3日に恵方巻を食べるようになったのでしょうか?

いくつかの説がありますが、もっともらしいのが次の説です。

 

時は戦国時代。

豊臣秀吉の家臣である堀尾茂助吉春が、節分の前日に、

巻きずしのような物を食べて出陣したら大勝利を収めた。

それにあやかって、巻きずしを食べることで、

商売繁盛、無病息災、満願成就、厄払いなどに

効果がある、という意味がついたというもの。

 

はい、もっともらしいですね。

それ以来恵方巻は食べることで”いいことが起きる”象徴とされています。

 

恵方巻の「恵方」とは「恵まれる方角」のこと。

易学ではその方角は毎年変わり、節分の夜にその年の恵方に

向かって願い事をすると叶うといわれています。

 

また「無言で丸かじりで食べる」という由来は、

縁が切れたり、幸せが口から逃げてしまわないように、という意味です。

 

基本的に、日本人は季節のイベントが大好きです。

節分の恵方巻に限らず、

  • 子供の日は「かしわ餅」
  • 土用の丑の日は「うなぎ」
  • ハロウィンは「かぼちゃ」
  • お正月は「おもち」

なので、恵方巻は日本人の文化にうまく根付いたと言えるでしょう。

 

 まとめ

恵方巻を食べる習慣はここ数年で日本全国に広まったと言えます。

自分が子供のころだった20年ほど前までは聞いたことがありませんでした。

これは企業の戦略である、とも言われていますが、みんな楽しんで

食べているので、大成功だったと言えますね。

日本人の気質にうまくマッチしたのでしょう。

食べるときは、のどつまりを起こさないように気を付けてね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ