梅雨の洗濯物の臭い対策。乾かし方は?洗剤で匂いは消える?

0780d775e17cbccfa6db949afad626ff_s

なかなか乾かない梅雨時期の洗濯物。

乾きづらいうえに、変な臭いもついてしまう。

ところが、乾かし方の工夫次第で臭いを減らすことができるんですよ。

臭いのつかない乾かし方と、臭い防止のおすすめ洗剤について

解説と紹介をしていきますね!

スポンサードリンク

梅雨の洗濯物の臭い対策は?

じめっとした梅雨時の洗濯はおっくうですよね。

なんといっても洗濯物からの臭いが気になります。

この時期はどうしても湿度が高いため、洗濯物が乾きにくい。

だから、生乾きっぽくなっちゃって、なんだか酸っぱいような

かび臭いような変な匂いがしてきます。

 

洗濯物に付く嫌な臭いはほとんどの場合「カビ」「雑菌」が原因となります。

カビや雑菌は「高温」と「高湿度」が大好物です。

梅雨時期の気温は20度~25度で、湿度は80%を超えます。

この環境はカビや雑菌にとっては最も繁殖しやすく、心地よい環境なんですね。

 

洗いたての服は水分をたっぷり含んでいますので、カビや雑菌にとっては

絶好の住処で、繁殖する機をうかがっています。

 

そして嫌なにおいを発生していくんですね。

つまり、カビや雑菌の繁殖を防ぐことができれば、

嫌な臭いともおさらば出来るという話です。

では、洗濯物の乾かし方からチェックしていきましょう。

関連記事関東の梅雨明けはいつ?平年のデータと2016年の予想を発表

 

梅雨の洗濯物の乾かし方

臭いがつかない乾かし方というのは、

出来るだけ早く水分を蒸発させる、に限ります。

濡れている時間が長ければ長いほどカビや雑菌が繁殖していきますからね。

 

早く乾燥させる方法とは、

  • 脱水をしたら、間髪入れずにすぐに干す
  • 干す衣類と衣類の間隔をあけ、空気の流れをよくする
  • 臭いや雑菌を防止するため、干した衣類の下に空気清浄機を置く
  • 乾燥を加速させるために、干した衣類の下に除湿器を置く
  • 扇風機を併用し、風をどんどん送る

がいいでしょう。

 

乾かすときに外に干す、という方法もあります。

天気が良くて空気が良い日ならばいいのですが、

たまに空気が悪い場合があります。

なんというか下水の臭いがしたり、嫌な臭いがするときがあるんですね。

そういう時は、その匂いが逆に衣類に付いてしまうことも

ありますので、注意が必要です。

 

また、洗い方にも注意が必要です。

洗濯機からあふれてくるほど目一杯に衣類を詰め込んでしまうと、

中がラッシュアワー状態になり、洗濯物の隅々まで洗剤が行き届かず、

十分に洗うことができません。

 

洗濯機に入れるのは6~7割程度にし、たっぷりの水で洗濯物が

自由に動き回ってじゃぶじゃぶ洗える状態にするのが良いです。

 

余裕があれば、洗濯機の掃除もしてみてください。

裏側に付いたカビは手では取ることができないので、専用の

洗剤を使うことで汚れをおとすことができます。

関連記事カビが生える条件と生える理由。防ぐ方法は何があるか紹介します!

スポンサードリンク

梅雨の洗濯物は洗剤で匂いが消える?

使用する洗剤によって、臭いを防ぐことが可能です。

具体的にどのようなものがあるのかというと、

  • 部屋干し用洗剤
  • 塩素系漂白剤
  • 洗濯用消臭剤
  • 重曹

がメジャーです。

 

塩素系漂白剤を混ぜると、結構効果があり、部屋干ししても

臭いは少なくなります。入れる量は少な目で10cc程度にしておいて、

直接衣類にかからないようにしておけば大丈夫です。

 

また、洗濯用消臭剤もなかなかの効果があります。

おすすめなのは「アクアミスト」という商品です。

これは低刺激なので、肌の弱いお子さんにも大丈夫です。

少し値段が高いですが、購入した人からの評価はかなり高いですよ。

 

あと、安くても効果があるのが重曹です。

重曹はアルカリ性の性質を持っています。

それに対して、体から出る油汚れ、皮脂などは酸性です。

重層の持つアルカリ成分が汚れを落とすのに非常に有効で、

臭いも一緒に落としてくれます。

しかも、重曹は100均でも売っている比較的安いものですので、

気軽に大量に使うことも可能ですね。

 

まとめ

梅雨時期の洗濯物の臭いを消すための方法をまとめると、

  • 臭い防止の洗剤を使う
  • 洗った後はできるだけ早く乾かす

この2つのポイントが重要だということですね。

いい匂いの服を着てお出かけできますように♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ