年賀状の印刷に失敗したら交換の手数料は?どこで?いつする?

71b29509aea98bc9f92de1a640a610e7_s

「あ!印刷ミスった!」
毎年印刷しているはずなのに、何故かミスっちゃうんですよね。

向きが逆だったとか、郵便番号の位置がちょっと
ズレちゃったとか、裏表間違えちゃったとか。

印刷ミスをしてしまった年賀状はもう使えません( ノД`)シクシク…
新しい年賀状に交換してもらうことができるのでしょうか?

手数料はいくらかかるの?
といった疑問に関して、わかりやすく解説していきます。

スポンサードリンク

年賀状の印刷に失敗したら交換するのに手数料はいくらかかる?

さて、印刷を失敗した年賀状の交換ができるのか?
結論から言えば「交換は可能」です。

交換する方法は2種類あります。

  1. 新しい年賀状と交換する
  2. 普通のはがきと交換する

それぞれ解説していきますね。

関連記事年賀状の宛名印刷用ソフトで無料でおすすめなのはコレ!

1・新しい年賀状と交換する方法

失敗した年賀状、いわゆる「書き損じ」年賀状は、
販売期間内であれば手数料を支払って新しい年賀状に交換可能です。

年賀状の販売期間は例年は11月から1月10日前後となっています。
この期間内であれば失敗した年賀状を新しいものと交換
してくれるんです。

交換にかかる手数料は1枚5円になります。
無料では交換できません(日本郵政に確認済みです)

書き損じは宛名だけじゃなく、裏面を失敗してしまった
場合でも交換をすることは可能です。

じゃあどこで交換してくれるの?っていうと、
「郵便局」です。

ゆうゆう窓口や簡易郵便局での交換はできません。

また、購入したコンビニやスーパーも
交換することはできませんのでご注意ください。

※去年の失敗した年賀状を今年の年賀状と交換することはできません。

スポンサードリンク

2・普通のはがきと交換する

失敗した年賀状は普通のはがきと交換することもできます。

交換にかかる手数料は年賀状と同じで1枚に付き5円です。
書き損じた年賀状に5円を追加することで、
新しいはがきと交換することが可能です。

ここでマル秘お得情報なのですが、急きょ喪中になってしまった
場合は無料で交換することができるんです!

年賀状を出そうと用意をしていたけど、急に誰かが
亡くなって年賀状を出すことが出来なくなった。

こんな時は年賀状は出さずに、喪中用のご挨拶の
はがきを出さなくてはなりません。

この場合は、郵便局に(簡易局以外です)行き、窓口にある
請求書に自分の氏名、無くなった方の続柄を記入すれば
手続き完了で、無料で交換することができます

ただ、こちらも交換期限が設けられており、
年賀はがきの販売期間内に限り無料で交換が可能となっています。

年賀状の印刷に失敗したら交換はいつする?

では失敗した年賀状をいつ交換するのか?
について考えてみましょう。

購入した年賀状の枚数がギリギリだったり、捨てるのは
もったいないから新しいのに交換したい!という場合は、
すぐに郵便局に行って交換してください。

逆に。

「それほど急いでないよ」
「年賀状は多めに買ってあるから失敗してもまだ余裕があるし」
「交換するのは年賀状じゃなくても普通のはがきでもいいよ」

こんな時は、交換に行くのはしばらく待ちましょう。
どれくらい待つのかと言えば、
年賀状お年玉くじの当選番号が発表されるまでです。

書き損じて失敗した年賀状にもお年玉くじが
当選する可能性があるからなんです。

お年玉の番号が発表されてから、郵便局に
行って新しいはがきと交換する方がお得です。

発表前でも発表後でも交換には1枚5円の手数料がかかります。
それなら、当選発表を待ってから行くっていう方法です。

ちょっと夢が膨らみますよね?

関連記事年賀状が当選したら交換期限はいつまで?場所はどこに行けばいいの?

まとめ

印刷に失敗した年賀状は「年賀状販売期間内」であれば、
1枚に付き手数料5円で新しい年賀状と交換することができます。

年賀状販売期間が過ぎると、1枚につき手数料5円で
普通はがきに交換することができます。

また、急に身内に不幸があって、買っておいた年賀状が
使えなくなった場合は無料で普通はがきと交換できます。

※年賀状に関する記事はこちらにまとめています。
年賀状 年賀状に関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ