喪中はがきはいつからいつまでに出すの?送る際のマナーをチェック!

お悔やみ申し上げます。

喪中の年は喪中はがきをを出して、
年賀状を欠礼することをお知らせしましょう。

喪中はがきはいつからいつまでの期間に出せばいいのか?
送る際の抑えておくべきマナーも合わせて解説します。

スポンサードリンク

喪中はがきはいつからいつまでの間に出すの?

喪中はがきの意味は、

「自分にとって大事な人が亡くなってしまった悲しみのため、
祝い事は遠慮させていただいています。本来ならば年賀状で
ご挨拶するところですが、今回は欠礼させていただきます」

と言う意味があります。

喪中はがきが遅くなってしまうと、すでに年賀状を出して
しまった人と行き違いになってしまうことがありますので、
年賀状の投函時期よりも早く出すことが大事です。

年賀状の受付時期は12月15日からになりますので、
遅くてもそれまでには出しておきましょう。

また、出し始める時期はあまり早すぎるのも良くありません。
私も経験があるのですが、10月頃に喪中はがきが来ると、12月には
忘れていて、間違って年賀状を出してしまうことがあるんですね。

ですので、出す時期は11月の末がいいとされています。
具体的に言えば11月25日から出すとよいでしょう。

喪中はがきは11月25日~12月15日までに出す

関連記事喪中はがきの印刷が安いのはどこ?官製と私製どっちがお得?

スポンサードリンク

年末に急な不幸があった場合は?

12月25日頃、いわゆる年末に急な不幸があった場合、
喪中はがきは書いても、もう間に合いません。

そんな時は、喪中はがきは出さず、年賀状も出さず、
新年になってから寒中見舞いを出します。

寒中見舞いの文面に、年末に不幸があったので、
年賀状を遠慮しました、ということを書きます。

例文を紹介します。

寒中お見舞い申し上げます

昨年末の12月○日に父・○○が他界したため
年始のご挨拶を遠慮させていただきました

旧年中に賜りましたご厚情に感謝申し上げるとともに
本年も変わらぬお付き合いのほどお願い申し上げます

関連記事喪中の友人への新年の挨拶はメール?電話?訪問する?

喪中はがきを送る際のマナーをチェック

喪中はがきを送る際の書き方のマナーを解説します。

実は喪中はがきと言うのは、文化としての歴史が浅く、
「これが正解」という唯一のマナーは確率しておらず、
地域によって風習が少しずつ異なっているのが現状です。

ですので、こちらで紹介するのは一般常識と言われている
範囲内でのマナーになります。

  • 基本的には縦書きで書く
  • 誰が(続柄も)いつなくなったのかを明記する
  • 故人の写真は載せない
  • 年賀と言う言葉を使わない
  • 漢数字を使う
  • 句読点を入れない
  • 毎年年賀状を交換している人には出す

喪中はがきに一言添え書きしてもいいの?

喪中はがきを出す際に、裏面に一言添えるのは
マナー違反ではありません(内容によりますが)

ただ喪中はがきは、
「大切な人を失って悲しいので年賀状を出しません」
という意味なので、そこに加える文章は少ないはずです。

間違っても、
「今年も遊びに行こうね!」みたいなノリで書いてはいけません。

書いていいのは、故人の葬儀に参列してくださったお礼ぐらいですね。

まとめ

喪中はがきを出すのは11月25日~12月15日までが
一番良い時期です。

一言添えるのであれば、葬儀のお礼程度に
しておきましょう。

※喪中はがきに関する記事はこちらにまとめています。
喪中はがき 喪中はがきに関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ