スラックスの折り目が消えた!付け方は?どこまで?解説します

スラックスを洗濯したら、折り目が消えてしまった!

折り目が無いスラックスはワサビがない
お寿司のようなものでピリッとしません。

しまりがなく、だらしなく見えてしまいますね。
ということで、今回は、

  • スラックスの折り目が消えてしまった!消えない方法はあるの?
  • スラックスの折り目の付け方は?
  • スラックスの折り目はどこまで付ける?

ということを詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

スラックスの折り目が消えた!消えない方法はあるの?

私は洗濯ネットに入れて、他の衣類と一緒に洗濯機で洗いました。

その結果、汚れは落ちて綺麗になったんですが、
その代わりに折り目(クリース)が消えてしまいました。

よく見るとうっすらと見えますが・・・

普通のスラックスは折り目がアイロンで加工
してあるだけなので、洗濯すると消えやすいのです。

アイロンを後からかけて折り目を再形成する
必要が出てきます(次章で詳しく説明しています)。

対して、洗濯しても折り目が消えないスラックスがあります。
それは、折り目が縫ってあるスラックスです。

下の画像をご覧ください↓

黒スラックス3

スラックスの折り目の部分が山になっています。
生地を2mmほどつまんで引っ張り出して縫っているんですね。

縫っている折り目なので何度洗濯しても、絶対に消えません。
つまり、アイロンは不要です。

スーツを購入する際に、オーダーまたはセミオーダーが可能ならば、
縫ってもらうようにオーダーするとよいでしょう。

スラックスの折り目の付け方は?

スラックスの折り目が無くなった場合や、元の折り目と
ずれて二本ついてしまった場合は以下の方法がおすすめです。

まず実際に私が洗濯して、折り目が無くなってしまった
スラックスをご覧ください。これです↓ スラックス1

折り目はぼんやりしていて、シワシワですね^^;

使用するのは衣類のしわ伸ばし用のスプレーです。
実際に使用したのはこちらです↓

CIMG0573

スラックスに直接スプレーをして、アイロンをかける
タイプであれば、類似品で大丈夫です。

しわ伸ばしスプレーはのりが含まれているので、吹きかけてから
アイロンをかけることによって、ピシッと形ができます。

スラックスの折り目を作る際には、以前にあった
うっすらと見える折り目を探してください。

以前と同じ場所に折り目を作るのが一番いいですからね。

折り目を見つけたら、スプレーをかけ、当て布を敷いてから
アイロンをかけてください。

アイロンをかける際のポイント
  1. 上から押し付けるようにする
  2. スプレーで湿った部分が乾くまでアイロンを当てる

アイロンをかける際のポイント1は
「上から押し付けること」です。擦らないようしてください。

アイロンをかけていると、つい擦りたくなってしまうのですが、
スラックスの場合、擦ってしまうとズレて小さなシワが
出来てしまうことがあるからです。

ポイント2は「湿った部分が乾くまでアイロンを当てること」です。
しっかり乾くことで、ノリが固まり折り目ができます。

その結果、こんな感じに出来ました↓

スラックス2

上部に入って見える線は縫い目です。

しわ伸ばしスプレーによって、かなり綺麗になりましたよね^^

スポンサードリンク

折り目をもっとはっきりとつけたい場合は?

折り目をもっとはっきりとつけたい場合は、
この作業を繰り返しましょう。

スプレーをかける→アイロンをかけて乾かす→スプレーをかける→・・・
という作業を何度も繰り返すことで、頑丈な折り目が作られます。

縫い目に沿ってアイロンをかけるの?

一般的には「アイロンは縫い目で合わせた折り目に沿ってかける」
と言われています。

ですが、この方法はうまくいく場合といかない場合が
あるので注意が必要です。

というのも、折り目の位置はスラックスによって異なっているからです。

ちなみに私のスラックスはこんな感じでずれていました↓

スラックス3

もし、縫い目を合わせて折り目を作っていたら、今まであった
折り目からは大分ズレた位置に形成されていたでしょう。

できれば、洗濯前に折り目と縫い目が合ってるかどうか
確認して見てください。

縫い目で合わせるよりも、折り目で合わせてアイロンをかけるようにしましょう。

スラックスの折り目はどこまで付ける?

スラックスの折り目はポケットの下の部分まで付けます。
それ以上は難しくなるのでやめておいた方が無難です。

というのも、ポケットの部分まで来ると、ポケットの裏地が
邪魔になって、うまくアイロンをかけることができないからです。

無理やりかけようとすると逆にガタガタになってしまうことが
あるので、そこまでかけるのは控えてください。

まとめ

スラックスは選択すると折り目が消えやすいです。
消えないようにするには、縫って折り目を付けるのが一番です。

消えた折り目は、元の場所を探してしわ伸ばしスプレーで
しっかりと再形成するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ