小学校の卒業式でPTA会長の祝辞の例文の書き方。

115903

卒業式は子供達にとって一生に一度の晴れの舞台。

小学校6年間を終えて卒業する子供たちの

心に響く、思い出に残る感動の祝辞を贈りたいですよね。

PTA会長の祝辞の例文を紹介していきます。

スポンサードリンク

小学校の卒業式でPTA会長の祝辞の例文の書き方

PTA会長の卒業式の祝辞は、意外と長めで、

5~6分程度が一般的です。

 

話す内容は、今まであんなことがあった、こんなことがあった、

などの6年間の中での印象的な思い出、

今後はこういう大人になってほしい、

関係各位へのお礼などとなっています。

それでは、例文を紹介していきますね。

 

PTA会長の祝辞その1

PTAを代表して一言挨拶を申し上げます。

6年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

この6年間でたくさんの思い出ができたことでしょう。

友達との関係で辛い思いをしたこともあったかもしれません。

 

それでも皆さんは毎日頑張って登校し、勉強に励み、

たくさんの友達をつくり、心も体も成長し、

今日この日を無事に迎えることができました。

 

人は生まれてから毎日様々な経験をします。

楽しいこと嬉しいこと苦しいこと。

みなさんもこれからいろいろと新しい経験を積み、

たくさんの人たちと出会っていくことでしょう。

 

一人で決めなくてはいけないことも出てきますが、

みなさんは一人ではなく、困ったときには

必ず助けてくれる人がいます。

逆に誰か困っている人がいるときは、

みなさんがその人の力になってあげてください。

 

また、みなさんはなろうと強く思えばなんにでもなれる

無限の可能性を秘めています。

宇宙飛行士にだって、プロ野球選手にだって、

アイドルにだってなれる可能性があります。

 

これから迎える青春時代にたくさんのことを経験して

一生懸命勉強して頑張ってください。

応援しています。

 

保護者の皆さま、本日は誠におめでとうございます。

日頃よりPTA活動にご理解とご協力をいただき心より御礼申し上げます。

子供たちを思い、ともに悩み、共に喜び、ともに悲しみ、

この6年間の間には、さまざまなご苦労があったことと思います。

 

子供たちのおかげでわれわれ大人たちも

より成長できたのではないでしょうか?

どうかお子様が卒業なされましても、これからも一緒に子供たちを

見守ってあげてくださるよう、よろしくお願いします。

 

また、お忙しい中、ご臨席賜りましたご来賓の皆さま、

日頃より様々なご支援をいただき、心より御礼申し上げます。

どうかこの子供たちが卒業した後も在校生たちと主に変わらぬ

温かいご支援を賜りますよう、ご支援よろしくお願いいたします。

 

最後になりましたが、校長先生をはじめ、教職員の皆さま、

6年間、一人一人の児童に熱意をもって指導していただき、

保護者を代表して心より御礼申し上げます。

 

今日○○小学校を卒業する○○名の生徒たちが、これから

大いに活躍することを祈願いたしまして

お祝いの言葉とさせていただきます。

平成○○年○月○日 ○○小学校PTA会長 ○○

スポンサードリンク

 

PTA会長の祝辞その2

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

この○○小学校で育った6年間。

たくさんの友達ができ、みんなで遠足や運動会、臨海学校

など多くの時間を共に過ごしてきました。

その友達は将来大切な宝となり、大きな思い出となることでしょう。

 

毎日近くで励ましてくれた友達。

熱心に指導してくださった先生方。

優しい目で見守ってくれた地域の方。

そして今日まで精いっぱい愛情をこめて育ててくれた家族の方。

その皆さんに感謝の心を持ってください。

 

これから中学、高校と羽ばたく皆さんへ

わたくしから一つ贈りたい言葉があります。

それは「(あなたの好きな格言を入れてください」という言葉です。

 

~~その説明をします~~

 

自分から挨拶をする、ゴミを拾う、時間を守る、人を思いやる、

そして人に感謝をする心を持ってください。

また、勉強、部活動も一生懸命やって体も鍛えてください。

そうすることで心と体が育つのです。

 

そして今日は保護者の皆さま、お子様のご卒業、

誠におめでとうございます。

またPTA活動にご理解、ご協力をいただき本当にありがとうございました、

そしてご来賓の皆さま、お忙しい中ご臨席を賜り、

まことにありがとうございます。

地域の皆さま、いつも暖かく見守っていただき、ありがとうございました。

 

校長先生をはじめ、先生がた、学校関係者の皆さま。

6年間、温かいご指導、本当にありがとうございました。

今後とも変わらぬ優しさで見守っていただきたいと思います。

 

最後になりますが。卒業生の皆さん、○○小学校は心の故郷です。

この○○名を一生忘れず、宝物にしてください。

みなさんのこれからの活躍を期待しています。

本日はおめでとうございました。

 

PTA会長の祝辞その3

卒業生の皆さま、ならびに保護者の皆さま。

本日のご卒業誠におめでとうございます。

また、ご臨席の皆様、6年間にわたり子供たちを

温かい目で見守ってくださりありがとうございました。

 

そして校長先生をはじめとします先生方、並びに職員の皆さま、

6年間にわたり子供達を大切に、立派に育てて

くださいまして本当にありがとうございました。

保護者を代表いたしまして厚くお礼を申し上げます。

 

さて、卒業生の皆さん。皆さんは今年、○○小学校の

最高学年のお兄さんやお姉さんとして年下の

学年の子の面倒を見てくださいましたが、

4月からは中学校の一年生となって今度は上級生の

お兄さんやお姉さんたちのお世話になります。

 

皆さんのこれからの長い人生においてこういった

環境の変化は何回も訪れます。

学校を卒業して仕事を始めるとき。

また結婚をして子供が生まれたとき。

それまでの環境がガラッと変わってしまうようなことが何回もあります。

 

良いことばかりではないかもしれません。

何かを失敗してしまったとき、また何かを間違えてしまったとき。

こんな時も絶対にあきらめないでください。

 

何かを失敗したならば、次から失敗しないようにすればよい。

何かを間違えてしまったならば、素直に謝り、

次からは間違えないようにすればよい。

 

絶対にあきらめないでください。

あきらめたらそこでおしまいです。

やればできます。やらなければなんにもできません。

 

皆さんには未来があります。

高い目標に向かって一生懸命走り続ければ

夢はきっとかなうはずです。

高い目標に向かって思い切り走り続けてください。

 

皆さんの将来の発展とご活躍を心から期待いたしまして

わたくしからの言葉とさせていただきます。

本日の卒業、誠におめでとうございました。

 

まとめ

実際に使われたPTA会長の祝辞から抜粋させていただきました。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ