飛行機の手荷物検査で携帯がばれる?ばれない持ち込み方法とは?

205773

飛行機に乗る際に、誰にもばれずに携帯を持ち込みたい・・・

手荷物検査で携帯電話ってばれるの?

携帯ってエックス線検査や金属探知機ででひっかかるんじゃない?

手荷物検査における携帯に関する情報と、

ばれないで機内に持ち込める方法までを紹介していきます。

スポンサードリンク

飛行機の手荷物検査で携帯がばれる?

まず飛行機に乗る際の荷物検査の流れを押さえておきましょう。

検査は全部で3回あり、飛行機に乗るためには

全てをクリアしないといけません。

  • 1回目・・・チェックインする際に預ける大型荷物のエックス線検査(荷物)
  • 2回目・・・保安検査場での手荷物エックス線検査(荷物)
  • 3回目・・・保安検査場での金属探知機(人間)

 

1回目はチェックインカウンターで預ける大荷物の検査です。

スーツケースなど大きくて機内に持ち運べない荷物は、

預けることになり、この時最初のエックス線検査があります。

このエックス線検査は「危険物」「爆発物」が入っていないかを確認するもので、

スーツケースの中身を空けずに、画面に映った影で何が入っているのか調べます。

係員がよほど気になるものが入っていない限り、まず開けられることはありません。

 

また、エックス線検査は目視での確認なので、何か怪しいものが

入っていたとしても、ブザーが鳴ることはありません。

 

2回目は、保安検査場での手荷物検査になります。

1回目と同じエックス線検査で、飛行機内に手持ちで持ち込む荷物を

調べます。目的は危険物(ナイフなど)を飛行機に持ち込ませないことです。

 

僕は飛行機に乗るとき携帯はバッグに入れて手荷物検査をしています。

今まで何十回も飛行機に乗っていますが、この手荷物検査で

携帯が反応して問題になったことは一度もありません。

どうみても携帯の形状でテロやハイジャックを

起こすとは考えにくいですからね。

 

でも服のポケットに入れたままではいけません。

次の金属探知機で必ずひっかかります。

 

3回目は金属探知機による検査です。

これは人が身に着けているものに刃物などが隠されていないか

検査するもので、ゲートをくぐります。

身に着けているすべての金属が反応するので、

金属系のもの(携帯、カギ、小銭、ボールペン、ライター等)

は手荷物検査の時に全部バッグに移すか、トレーに出しておきましょう。

 

金属探知機はひっかかるとブザーが鳴るので、ちょっと恥ずかしいです。

今まで実際に僕が引っかかった意外なものは、

  • ベルトのバックル(大きくて金属製だった)
  • 靴の装飾部分

でした。

結論:手荷物検査でバッグに入れてある携帯はばれません

 

スポンサードリンク

飛行機の手荷物検査で携帯がばれない方法とは?

携帯がばれない方法は二つ。

  1. カウンターで預けるスーツケースに入れておく
  2. 持ち込み用のバッグに入れておく

このどちらかになります。

 

スーツケースに入れる場合は、扱いが雑になるので、

破損してしまう危険性があります。

防ぐためには、タオルや衣類でぐるぐる巻きにしておくとよいでしょう。

ただし、壊れてしまっても自己責任になることをお忘れなく。

 

携帯電話は危険物とは判断されないですので、

スーツケースの中に入れておけば何の問題もなく通過できます。

ただ、この時に必ず電源は切っておいてくださいね。

確率は低いですが、電源が入っていると携帯が発する電波が

飛行機の操作系統に影響を与えてしまうことがあります。

 

携帯を持っているということは周りにはばれませんが、

係員には携帯だということはすぐにわかります。

だけど、携帯の機内持ち込みは何の問題もありませんので、

それを見て止められたり、バッグの開示を要求されることもありません。

 

それに、係員が探しているのは「はさみ」「ナイフ」のような危険物です。

保安検査の本来の目的は、飛行機テロを未然に防ぐためなので、

携帯を見たところで何とも思いませんよ。

 

もし、係員以外の人がエックス線で見える画面をじーっと見つめていて、

携帯を一生懸命探そうとしているなら話は別ですが(笑)

 

まとめ

携帯をバッグに入れておけば手荷物検査でもばれずに

通過できます。スーツケースに入れておいても同じです。

ただ、ポケットにいれたままだと、金属探知機を通った時に

反応してブザーが鳴ってしまいますので、気を付けましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ