クリスマスのインテリア玄関編。リースはどう取り付ける?マットは?

c7f3590a6ae4f51b92ef42828ce722fd_s

クリスマスを楽しむために玄関

いろいろとデコレーションしちゃいましょう!

インテリアはどうするの?リースの取り付け方は?

玄関マットもあるの?ということを説明していきますね。

スポンサードリンク

クリスマスのインテリア玄関はどうする?

クリスマスの玄関用のインテリアはいろいろあります。

飾り方に特に決まりはありませんので、自分の好みで大丈夫ですよ。

実際に飾られた幾つかの例をご紹介しますね。

 

方法1

  • 壁にリースをかける
  • 下駄箱の上に白いテーブルクロスを敷く
  • その上に、ミニクリスマスツリー(30センチほどの大きさ)、ミニサンタクロース、プリザーブドフラワーを飾る

 

とてもシンプルな飾り付けですがシンプルイズベスト。

これでも十分に玄関用のクリスマスインテリアになります。

 

方法2

  • 壁にリースを複数かける(大きい物、小さいものなど変化をつけて)
  • 下駄箱の上にはレッドカーペットっぽく見えるように赤いクロスを敷く
  • プレゼントに見える空箱を端の方に5つほどバランスよく積み上げる
  • ミニクリスマスツリーを真ん中に置く

 

こちらはお洒落でクールなイメージです。

特に赤いクロスというのがクリスマスの雰囲気を醸し出しますね。

 

方法3

クリスマスに関するグッズを下駄箱の上にとにかく並べる

  • 小さいサンタクロース、大きいサンタクロース
  • アロマキャンドル
  • クリスマスツリー
  • 雪の積もったミニチュアの家
  • プリザーブドフラワー
  • 小さいもみの木

 

これは量で勝負するインテリア(笑)

家にあるクリスマスグッズを全部集めて飾ってしまう勢いでいきましょう。

これはこれでクリスマス感が十分に伝わりますよ。

 


 

クリスマスをイメージさせる色は

「赤」「緑」「シルバー」「ゴールド」です。

 

玄関のインテリアが素敵に見えるようにするには、

この「色」の統一感がポイントになります。

 

ベースとなる色を決めておいて、同系色のものを集めると見栄がよくなります。

緑なら緑色のクリスマスツリー、リース、キャンドルなどを揃えましょう。

 

他にもクリスマスのインテリアとして使えるグッズは

ポインセチアなんかも色合いがまさにクリスマスカラーなので素敵ですね。

 

クリスマスのリースは玄関にどう取り付ける?

クリスマスのリースは玄関の壁ドアに取り付けます。

スポンサードリンク

リースはローマ時代から使われていたもので、当時は威信の象徴でした。

今は魔除けの意味があり、形通り家族が円満になるなどの意味があります。

 

壁や扉に取り付ける際には引っ掛けるフックが必要です。

ですが、まさか釘を打つわけにはいきませんね。

かと言って、粘着系のフックだと、剥がした時に粘着物質がきれいにはがれず、

ベタベタした汚れとして壁に残ってしまうこともあります。

 

そんな時に便利なのが「リースフック」です。

まさにリースを飾るために開発されたフック。

ドアの上部に引っ掛けるだけなので、玄関扉を全く

汚したり傷つけたりすることがなくリースを飾ることが出来ます。

 

他には「強力マグネット」という方法もあります。

これは玄関ドアが金属製に限定されるのですが、

かなり重いリースでもしっかりと支えてくれます。

 

クリスマスは玄関マットも変えちゃおう!

玄関をクリスマスインテリアに変えるなら、

玄関マットも変えてしまいましょう。

実は玄関マットってものすごい種類があって、

季節のイベント事に合わせて作れれているものがあります。

 

もちろんクリスマス用の玄関マットもあるわけです。

仕事から帰ってきて、玄関マットがクリスマスモードに

なっていたら、なんだかほっこりとしますよね。

こちらも合わせて用意してみてください。

 

まとめ

クリスマスの玄関インテリアは結構ポイント高いですよ。

だって、朝仕事に出る時や家に帰ってくる時など、

なにかと通る場所なので目に入る回数も多いですからね。

ぜひ凝って素敵なクリスマスようの玄関インテリアを作って見て下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ