夏風邪の症状は大人の場合何?原因と対策を紹介!

なんだか体調が悪い・・・熱があるし吐き気もする。
これって夏風邪?

一度かかると、なかなか治りにくいと言われている夏風邪。
大人の夏風邪の症状と
その原因と対策を紹介していきます。

スポンサードリンク

夏風邪の症状は大人の場合どんなものがある?

夏風邪の主な症状は、風邪の症状とよく似ています。

  • のどの痛み
  • 発熱
  • 鼻水
  • せき
  • 頭痛
  • 下痢
  • 関節痛

などが起こります。冬の風邪と症状が似ているのは、夏風邪も
冬の風邪と同じウイルス性のものだからです。

冬の風邪もウイルス性のものですが、夏風邪というのも、
実は夏の暑さを好むウイルスが引き起こしているものなのです。

つまり、夏風邪の症状といっても、独特の物ではなく、
基本的には冬の風邪と同じ症状が出る、と考えてよいでしょう。

夏風邪のウイルスは暖かく、湿った環境を好むので
梅雨時から夏にかけて、つまり5月末から8月末ころに
かけて活発に活動することが知られています。

夏風邪の原因は何がある?

夏風邪にかかる主な原因は

  • 体温調節ができなくなることによる免疫力低下
  • 湿気によるウイルスの増加感染
  • 過度の疲労、寝不足

が上げられます。

体温調節ができなくなるというのはエアコンの影響です。
外にいるときは熱くても、電車や建物に入るとクーラーが
ガンガン聞いているので体は一気に冷えていきます。

外出する頻度が多いほど体は体温調節を
頻繁にしなければなりません。

この外気温と内気温の差の大きさが自律神経を乱していくのです。
その結果、体の免疫力が低下し、夏風邪をひきやすくなります。

また、夏風邪のウイルス性は湿気を好みます。
この時期は、湿度が高いので寝室のシーツや枕も
汗を吸って、かなり湿度が高い状態になっています。

この環境下ではウイルスが増殖しやすくなっているため、
夏風邪をひいてしまう確率もアップします。

スポンサードリンク

夏風邪の対策方法を紹介!

もし夏風邪になってしまった場合、
体力回復に努めるのが一番です。

風邪のウイルスに効果がある薬と言うのはないので、
地道ですが、栄養のある食事をとり、睡眠をしっかり
とるというのが最良の夏風邪の対策方法です。

関節が痛む場合などは、解熱剤、痛み止めを使用すると楽になります。

夏風邪の予防方法は?

様々な夏風邪の予防方法を紹介します。

基本はうがい・手洗い

夏風邪を予防するのは「うがい」と「手洗い」が基本です。
外にはウイルスはあらゆるところに潜んでいます。

特に外出から帰ってきたときは、しっかりとするように心がけましょう。

また、寝室の湿気を取り除くというのも効果的です。
寝室に除湿器を置いたり、こまめにシーツを取り換えたり、
除湿シートを敷くのが効果的です。

クーラーの温度を下げ過ぎない

外と中の温度差を少なくするために、部屋の
クーラーの温度設定は27度程度にしましょう。

25度まで下げてしまうと、結構肌寒く感じます。

まとめ

夏風邪も基本的には普通の風邪と変わりません。
体が弱っているとき、体調が悪い時にウイルスに感染することで発症します。

こまめにうがい手洗いをし、あまり疲労を残さないように適度に
休みを作って、体調管理につとめてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ