作文の書き方 数字の小数点の横書き方法を解説。マスにどう入れる?

bfef9bf1230f4a21fb19df6be8e572ba_s

作文を書く際に悩むのが数字の書き方です。

横書きの原稿用紙に書く場合、どうやって書けばいいのか知っておきましょう。
この記事では、

  • 横書きの場合1マスに何文字入れるのか?
  • 単位がある場合の書き方は?
  • 横書きの場合の小数点の書き方
  • 横書きの場合の大きい数字の書き方

について実例を挙げて解説していきます。

スポンサードリンク

作文の書き方 数字の小数点の横書き方法を解説。マスにどう入れる?

原稿用紙に横書きで数字を書く場合、基本的にはアラビア数字(1,2,3)を使います。なぜかというと漢数字よりも見やすいからです。大事なのは「見やすさ」です。

見やすく書くためにはもう一つ大事なルールがあります。それは「数字は一マスに2文字」ということです。

このルールを守ればとても見やすくなるのです。いくつか数字の例を挙げて紹介していきます。

横書きで小数点の場合

例としていくつかの小数点のパターンを上げて説明します。

18.3の場合

18.3の場合は、一マスに2文字というルールにのっとり、最初のマスには「18」と書き、次のマスには「.3」と書きます。

18|.3

こうなります。「.」も一文字として数えます。

ちなみに、この時使用するのは「.」です。これはピリオドと言います。「・」ではありません。

0.1の場合

次は0.1という数字を考えます。

この場合は、

0|.1

と表記します。一マスに2文字というルールを使用するのですが、文字が3つしかないので、最初のマスには「0」を書き、次のマスには「.1」と入れるのが一番見やすい書き方です。さらに見やすくするために、0はマスの右側に寄せて書くといいでしょう。

数字に単位をつける場合は

0|.1|%

このようにもう一マス使って、そこに「%」を入れます。

スポンサードリンク
92.56%の場合

では次の例は92.56%という数字です。

この場合は

92|.56|%

と書きます。

ルールでは一マスに2文字でしたが、場合によっては3文字にしてもかまいません。真ん中のマスに「.56」と3文字入れています。

注意点としては「ピリオドがしっかり見えるように書く」ことです。1マスに3文字入れると、どうしても窮屈になってしまうので、ピリオドが見えづらくなって間違って読まれてしまうこともあります。

なので、ピリオドは枠から少し離して、しっかりと見えるように書くことを意識しましょう。

実際に書いてみて「見づらいな」と思った場合には基本ルールに戻って以下のように書くのも間違いではありません。

92|.5|6 |%

一マスに2文字ずつ入れました。最後の6の数字はマスの左側に寄せて書くと見やすくなります。

どちらを選んでも大丈夫ですので、読みやすい方を選択してください。

-5.64の場合

-(マイナス)も一数字として数えますので、この場合は

-5|.64

と書きます。

横書きで大きな数字の場合

続いては10,000という大きな数字の場合です。この場合は

10|,0|00

と書きます。1,000単位で区切る際に使用するのは「,」カンマといいます。小数点で使ったピリオドとは違いますので、間違えないように気を付けましょう。

最後に

横書きの作文で数字を書く場合のルールは「一マスに2文字」が基本です。場合によっては3文字にしたり、1文字にすることも可能です。大事なのは「読む人にとって見やすいかどうか?」ということです。そこを意識して書けば大丈夫でしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ