目がぴくぴくするのが治らない。理由は何?何科で診てもらえばいい?

beautiful-2315_640

突然目の上がぴくぴくしだした・・・

これが始まると、なかなか止まらないんですよね。

目がぴくぴくするのが治らない理由と、

病院に行くなら何科に行けばいいのか?ということを説明していきますね。

スポンサードリンク

目がぴくぴくするのが治らない

ちなみに、この記事を書いている僕自身、今、目がぴくぴくしてます。

正確に言えば、右目の上の瞼の部分ですね。

ここがぴくぴく定期的に動いています。

この症状で悩んでいる人は多く、ネットではとたくさんの人が

「何が原因なのか?」「どうすれば治るのか?」ということを

質問していることに驚きます。

 

その症状をいくつかピックアップしてみますと

・右目のまぶたが2週間くらいずーっとぴくぴくします。
・勉強をしすぎると目の周りがぴくぴくします。
・左目の下瞼が痙攣します。一日に数回です。
・痙攣が止まれず、5分~10分おきにぴくぴくしています。

症状には個人差があり、ぴくぴくする度合いも軽度な人から、

重度な人まで様々です。

 

気がついたら治っていた、というケースが大半なのですが、

やはり何が理由なのかは気になりますよね。

このぴくぴくする理由が何なのか?ということを次章で説明していきます。

関連記事 花粉症の症状で目のかゆみの対策法。目薬で治る?病院にいったほうがいい?

関連記事 目が回るし吐き気がする原因って何?もしかして病気?対処法は?

目がぴくぴくする理由は何?

いくつか目がぴくぴくする理由をあげていきましょう。

代表的なものは以下のようになります。

  • ストレス
  • パソコンやスマホの長時間使用による目の疲れ
  • ドライアイ
  • 睡眠不足
  • 読書のし過ぎ

ほとんどの場合が目の酷使しすぎと言えます。

目から入ってくる情報量は非常に多く、一日に

小説200冊分とも言われているほどです。

太陽の光に当たればまぶしいし、目が受けているストレス、

疲労はかなりの量になっているんですね。

 

対処法としては、

  • 目を十分に休ませる
  • 十分な睡眠をとる
  • 目の周囲のマッサージをする

のがベストです。

たまにはスマホを見ない日、パソコンをしない日を作り、

遠くの景色を見たり、ゆっくり眠ったりして目を休ませてあげましょう。

 

中には症状が重く、何か月も続く場合があります。

その場合考えられるのは

  • 片側顔面痙攣
  • 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)
  • 眼精疲労
  • 眼瞼ミオキミア(がんけんみおきみあ)
  • 三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)

があげられます。

これらの症状が起きている場合には自分の力では対処することが

出来ませんので、病院に行ってみたもらうことをおすすめします。

スポンサードリンク

目がぴくぴくする時は何科で診てもらえばいい?

では、目がぴくぴくするときは何かで診てもらえばいいのでしょうか?

目の周囲のことなので、一般的には眼科に行きます。

眼科の先生は目だけじゃなく、目の周囲の事についても詳しいですから。

もしドライアイが原因なら、そこで治療をしてもらい、

目薬を処方してもらうこともあるでしょう。

 

また、長期間続くようならば、神経内科で診察してもらうことも考えましょう。

先ほど書いた三叉神経麻痺などは、顔の神経が原因で起きる症状です。

もしかしたら、ぴくぴく動いているのは顔の神経の動きから、とも考えられます。

 

まとめ

目がぴくぴくしているのは、目の周囲が何か体の異変を訴えている証拠です。

目が「疲れたよ~休みたいよ~」と言っているのかもしれません。

目を休ませてあげることで回復することもあります。

それでも良くならない場合は、病院にいって診察してもらってくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ